手になじむハンドストラップ。PeakDesignのClutch(クラッチ)が最高だった。

peakdesign ストラップ

こんにちは!ゆーせーです(・∀・)

今年の夏よりPeakDesign(ピークデザイン)という会社のカメラストラップを愛用しております。

半年ほど試してみてやはり使い勝手が良いストラップだと判断したためこの辺りで一旦レビューしておこうと思います。

PeakDesignのストラップ類はいろいろと買ってみたのですが、まずは一番よく使っているハンドストラップのClutch(クラッチ)からご紹介!

PeakDesignとは

peakdesign clutch

PeakDesignはアメリカのスタートアップ(ベンチャー企業)です。

カメラギアの新しいスタイルを次々と提案している会社でクラウドファウンディングサイトの「kickStarter」で資金を募るという日本ではあまり考えられないような最先端なやり方でプロダクトを開発しています。

2010年ごろの設立という比較的新しい会社であることやCEOもアウトドアフォトグラファーであることからおしゃれで「あったらいいな」と思う痒いところに届くデザインが素晴らしい会社です。

日本の正規代理店は「銀一」で、これら製品は銀一オンラインショップやカメラ量販店で購入できます。

日本でも最近よくPeakDesign製品を使っている人を見ます。おしゃれなカメラ男子や女子が使っていることが多い印象。

とはいえ、自分はそんなにおしゃれでないのであしからず(๑´ڡ`๑)まあ、万人が使えるデザインってことです!

ストラップでシステムが組める

peakdesign ストラップ

PeakDesignで代表的な製品はカメラストラップです。

しかもPeakDesignのカメラストラップはおしゃれなだけじゃなくて拡張性が非常に高い!

アンカー Peakdesign

ANCHOR(アンカー)と呼ばれるストラップ金具を用いてワンタッチでストラップを脱着できる仕組みを採用しています。

これによってハンドストラップとネックストラップを瞬時にチェンジしたり、三脚固定時に邪魔なストラップを簡単に外せます。

ちなみにANCHOR一つで耐荷重90kg以上とのこと。安心感が違いますね。

peakdesign プレート

またクイックリリースプレートはアルカスイス対応。このプレートが「CAPTURE」と呼ばれるカメラ保持具にそのまま取り付けることが可能なのですごい便利。

peakdesign capturepro

CAPTUREを使用するとこんな感じでバックパックにカメラを取り付けられます。一気にフォトグラファーっぽくなれるのでオススメd(^^*)

つまりPeakDesignでストラップ類を揃えてしまえばなんでもできちゃうわけです。

というわけで一気にハンドストラップの「CLUTCH」とネックストラップの「SLIDE」(スライド)、そしてカメラ保持具の「CAPTURE PRO」(キャプチャープロ)とレンズ保持具の「CAPTURE LENS」(キャプチャーレンズ)を購入!

一気に購入したのでそれなりの金額となりましたが、どうせ揃えることになったと思うので後悔はしておりません笑

ちなみにPeakDesignは最近ではストラップだけでなくカメラバッグなども製品化しています。

「Everyday Messenger」が有名です。友人が何人か使用してますが、おしゃれでめっちゃ興味をそそられます。

また、バックパックやトートバッグのクラウドファウンディングも行っていたので近々製品化する模様です。

まだまだPeakDesignから目が離せません!

ハンドストラップの利点

peakdesign clutch

購入当初はネックストラップの「SLIDE」をよく使うと考えていました。というかネックストラップしか使ったことありませんし。

しかし実際にはハンドストラップの「CLUTCH」を多用。このストラップめちゃくちゃ使い易い!!

以下、僕が「SLIDE」より「CLUTCH」を使う理由です。つまりはハンドストラップの利点ですね。

・そのまま手づかみするよりも落下の危険性を低減できる。
・重さがストラップ側にも分散するため、長時間持っていても疲れにくい
・撮影時に安定性が高まり、ブレにくい
・「CAPTURE PRO」との親和性が高い(「CLUTCH」をつけたままセットできる。

逆にデメリットとしては常に片方でカメラを持っている必要があるため、両手があかないことですね。

ただ、普段はカメラバッグにカメラを忍ばせているのでそんなに今の所不便で無いです。

むしろネックストラップ特有のカメラがぶらぶらすることが無くなったのが嬉しい(・∀・)

スポンサードリンク

ちなみに「CLUTCH」は重量のあるカメラ用なので、軽いミラーレスやコンデジなら「CUFF」がオススメ。

Clutchの紹介

B&H 海外輸入

というわけで購入した「CLUTCH」を見ていきましょう。

Peakdesignはアメリカの会社って事もあり、大量に購入するなら輸入したほうが安いです。今回も当ブログで何度か紹介しているB&Hさんから購入しました。

B&H Photo Video Digital Cameras, Photography, Camcorders

海外通販サイトのB&Hでレンズを買ってみた(しかもPayPal決済で) – 広く浅くときどき深く

D610 マジックテープ

ちなみに今回のストラップの購入背景に標準ストラップがカメラバッグのマジックテープでとんでもなく解けて使い物にならなくなったということもあります。

みなさんも気をつけて下さいw マジックテープは厳禁です!

peakdesign clutch

さてさてやってきました、「CLUTCH」。さすがはアメリカ発のスタートアップのプロダクトです。外箱からおしゃれ。

peakdesign clutch 外箱

peakdesign clutch 外箱

外箱の表面はマジックテープになっていて、開ければ内容物が簡単に確認できます。

peakdesign clutch 内容物

「CLUTCH」の内容物は下記の通り。

・CLUTCH
・Standardプレート(クイックリリースプレート)
・ANCHOR(アンカー)×2
・六角レンチ
・説明書
・PeakDesignロゴステッカー
・袋

しかしどうしてアメリカの会社って自社のステッカー好きなんでしょうねwアップル製品についてくるステッカーもいつも要らないw

peakdesign clutch 説明書

説明書は文字じゃなく写真で詳しく説明してくれているので英語読めなくても理解できます♫

そして詳しくは上の動画をご覧あれ。Peakdesign公式の動画です。

これをみれば「CLUTCH」の手の締め付け具合の調整が簡単にできることなど一発で使い方がわかるはず。

スタンダードプレート peakdesign

さっそくStandardプレートをカメラに取り付けます。先にも書いたようにアルカスイス互換規格なのでアルカスイス互換の雲台であればそのままクイックシュープレートとして併用可能。

しかし僕の場合はカメラ直付けの雲台使っているのでいちいち外す必要がありますw

peakdesign 六角レンチ

付属の六角レンチで締め上げてプレートを装着していたのですが、一度早朝の撮影時にプレートをカメラにつけたままで六角レンチを忘れて雲台に装着できず悲しい思いをした事があります笑

有事に備えて六角レンチは常にもっておく必要がありますねw

あるいは付属の六角レンチで締め上げると固定されすぎるので、コインで締め上げて少し緩めに固定しておいてもいいかもしれません。

ANCHOR D610 peakdesign

そしてStandardプレートにANCHORを取り付けます。

peakdesign clutch

次にハンドストラップ下部のパーツにANCHORの円盤をカチッとはめ込みます。

peakdesign clutch

最後に、ハンドストラップ上部の先端をカメラのストラップホールから引っ張り出し、ハンドストラップの金具に通せばできあがり!

peakdesign clutch

手の締め付け具合の調整は銀色の金具を持ち上げれば緩み、ロゴマークのあるストラップ先端を引っ張れば締まります。

peakdesign clutch 裏面

あと「CLUTCH」の裏面は程よい硬さのパッドになっていて違和感は全然ないです。汗を掻いてもベタつきにくいようになっています。

以上が「CLUTCH」の紹介です。

これからぼちぼちネックストラップの「SLIDE」(スライド)、そしてカメラ保持具の「CAPTURE PRO」(キャプチャープロ)とレンズ保持具の「CAPTURE LENS」(キャプチャーレンズ)も同様に紹介していければと思っています(`・ω・´)キリッ