広く浅くときどき深く的な2016年に買って良かったもの10選!

女性 お金

さてさて今年もいよいよ12月になりました。年の瀬ですね。

自分がよく見ているブログでもそろそろ今年のまとめ的な記事が増えてきました。2016年は自分もいろんなものを買ったのでまとめてみようと思います。

まだ振り返るのは早いとは思いますが、今年もいろんなところを旅しましたし、いろんな出会いもあり、自分の写真が進歩した一年であったと実感しています。

そんな今年一年もここで買ったものたちのおかげでもあります。買ったものを全ては紹介できないですが、今年買って良かったものをランキング形式で10個紹介します(o^^o)

10.Columbia セイバーII

セイバーII 前

登山でも写真でも人生でもそうですが、足場はかなり大事です。足場がしっかりしていないと動けないし、どっしりと構えて写真撮れないし、足元すくわれてしまいます。

長年、旅先でよく過酷な場所に行くのに靴は適当だったので簡易トレッキングシューズのColumbia セイバーIIを購入。

これが大正解!防水&耐久性抜群なので日常生活でも欠かせない靴となっております。長時間履いてもぜんぜん疲れないのもいい感じ。

今使っている靴がへたってもリピートしてしまいそうな一品。

※現在はどうやらセイバーⅢが出ている模様。気になる!!

タウンユースでも防水!Columbia セイバーIIでどの場所でも歩き回れる! – 広く浅くときどき深く
簡易トレッキングシューズ …

9.SAMYANG 12mm F2.8 ED AS NCS FISH-EYE

Rokinon 12mm F2.8 フィッシュアイ

2016年は星景にはまった年でもありました。というわけでなるべくダイナミックにワイドに撮りたいと考えると魚眼レンズですよね。

円周魚眼も気になっていたもののあまりにもエッジが立ちすぎるため、対角線魚眼を購入することにしました。ニコンでおなじみのEDレンズ使ってますぜ。

レンズはツイッターやネットの評価を見て、SAMYANGの12mmを購入。マニュアルですが、12mmと超広角なのでピントを外すことはほぼありません。

軽くていいレンズなのですが、飛び道具的な扱いになので使用頻度は少なめです。

ラマユルゴンパ 夜景

この写真などはこの魚眼で撮っています。撮り方によっては魚眼レンズはものすごいパワーを持っていると思います。もっと使いこなしたいです。

超広角魚眼レンズの世界。SAMYANG(Rokinon)12mm F2.8 ED AS NCS FISH-EYEを購入! – 広く浅くときどき深く

8.VANGUARD バッグパック UP-Rise 48

Vanguard UP-Rise II 48

カメラバッグも自分のカメラライフを大きく変えた製品です。このバッグを購入したことで重い機材もある程度軽く持てるようになったし、持ち運べる機材も一気に増えました。

おかげで旅先では亀のようなスタイルで移動することが増えましたがね笑

70Lと24Lのザックを担ぐ

VANGUARDのバッグパックはおしゃれとは無縁でいかにもカメラバッグっぽいデザインですが、だってカメラ入っているんだから仕方ないでしょうよ笑

サイドにあるファスナーからからすぐにカメラが取り出せるのもめちゃくちゃ便利です。

今年のCP+で型落ちセールやっていてかなり安く購入できていい思いしました♫

大容量カメラバックパック。Vanguard UP-Rise 48レビュー。 – 広く浅くときどき深く

7.SC-PX5VII

sc-px 5V2

今年は自分にとってプリントの領域に一歩を踏み出した記念すべき年でもありました。

今まではディスプレイで見るのが当たり前でしたが、周りの影響に感化されてついにプリンターを購入。

プリントしてみてわかったのが写真はプリントして初めて完成するという言葉の実感。ディスプレイでみるのではなく、質量がある実在として写真をみるのは全く違います。

そもそも未だにプリントでしか応募を受け付けないフォトコンテストも多々ありますし、写真展もプリントが主流です。

ただプリントはディスプレイでいじるのとは訳が違って、色合わせから始まり用紙やプリンターの機種やインクによって吐き出される写真はまちまち。

今年はあまり勉強できなかったので、来年には進歩したいです。

6.PeakDesignのストラップ

th_p1140777

ストラップ一つでこんなに変わるのか!?と驚かせてくれたのがPeakDesignのストラップ。

ブログではまだハンドストラップのClutchしか紹介できてないですが、Capture ProやネックストラップのSlideもかなり重宝しています。

そしてデザインがシャレ乙です。もう純正のストラップには戻れません。。。

カメラ2台体制化のためにストラップに3万円くらい投資しているので早くもう一台買わねば。

手になじむハンドストラップ。PeakDesignのClutch(クラッチ)が最高だった。 – 広く浅くときどき深く

5.BenQ「SW2700PT」

2700PT モニター

プリントする上で色合わせするのにディスプレイは二台いるだろうってことでサブディスプレイを購入。

ちょうどネット界隈で紹介され始めていたBenQのSW2700PTを購入。結果は大正解でプロ機に迫るスペックで10万円をきる価格はかなり安かった。

単純に画面が二つあれば作業効率もあがるだろうと思っての購入でしたが、その通りだと思います。

ノングレアの液晶ということで反射もなく、写真が非常に見やすいです。というかメインディスプレイのiMacよりディスプレイとしてのスペックが良いので買い増したい。

一度導入したらシングルディスプレイには戻れない!BenQ「SW2700PT」の紹介。 – 広く浅くときどき深く
BenQ「SW2700PT」 …

4.アマゾンプライム

amazon prime photo

今年はレンズ沼だけでなくアマゾン沼の年だったと叫びたい。

きっかけは写真データのバックアップとしてプライムフォトを利用するためにアマゾンプライムを利用し始めたのがきっかけですがあれよあれよと言う間にKindleやらFire TVやらを購入してしまいました笑

もう我が家ではアマゾンがないと生きていけないようです。

写真のバックアップはアマゾンプライムフォトにお任せ! – 広く浅くときどき深く

3.AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED D610

ご存知ニコンの大三元の一角!そしていわゆる神レンズと呼ばれているレンズですね。

14mmから始まるワイド端。そしてf2.8通しのズームレンズ

ずっと欲しくて欲しくて震えるほどでしたが、願いが叶ったのか天使のような友人から非常に良心的な価格で譲り受けました。いやはや、もう頭が上がらないです。

実際に使ってみると前玉のでっぱりもそんなに気にならないし、重さもそれほど気になりません(他社の超広角ズームレンズが重すぎですね)

アチェンガルゴンパと天の川

例えばこの写真はこのレンズで撮っています。星景写真もf2.8のレンズだからこそ明るくISO感度を抑えた写真を撮れています。

ニコンの大三元レンズ(f2.8通しのズームレンズ)は昨年から移行期間に入ったのでおそらく来年にはこのレンズもリニューアルされそうです。

しかし購入を迷っているなら、早く購入してこのレンズを堪能するのもアリかと思います。

神レンズ「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」があったらどんなに便利か紹介しようじゃないか。 – 広く浅くときどき深く

2.GITZO マウンテニア2型3段

Gitzo2532 マウンテニア

正確にはGitzoの足の部分(GT2532)は去年に買ったのですが、今年に入ってから雲台を購入して使い始めたので今年にランクインさせましたw

この三脚は自分の中で目から鱗なプロダクトでした。重そうに見えるのにカーボンファイバーだからめっちゃ軽いし、それでいて大三元をくっつけた重量級の組み合わせでもびくともしません。

これ以前に使っていた三脚がベルボンのULTREK UT-50だったこともあるかもしれませんが、とにかく信頼のおける三脚です。たぶん、生涯を共にすることになるはず。

雲台は梅本使ってますが、PeakDesignとの親和性を考えるとアルカスイス互換の雲台の方が良いので、雲台は他にもいろいろ漁ってしまいそうです。。。

※ちなみにGT2532は分解すればギリギリLCCの機内持ち込みも可能です。(Jetstarで一度体験済)。ただし石突すら外す必要があるのでオススメしませんw)

最後にたどり着く三脚はこれなのか。GITZOのマウンテニア2型3段「GT2532」と梅本の雲台を購入! – 広く浅くときどき深く
ベルボンのULTREK UT-50 …

1.AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED フード付き

さて2016年で一番買って良かったものですが、どストレートにAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDでした!!

昨年に24-70mmの新型(VR付き)が出回ったおかげで安く購入できた一品です。

まあそれなりに使うかなとは思っていましたが、使い始めるともうずっとつけっぱなしのレンズとなりました。

風景、ポートレート、スナップなどなんでも基本はこのレンズで撮影できてしまうのでとにかく便利!そして爆速のAFも素晴らしく文句のつけようがありません!

以前はSIGMAの24-105mmを使っていたのでテレ端が短くなったのは玉に瑕ではありますが、その点も特に気になりませんでした。

ただし、このレンズで感動したので新型が気になって仕方がないですが笑

このレンズで撮影した写真として例えば下記のポートレートや風景やスナップがあります。

NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED ポートレート

河口湖 雲 富士山 桜

トゥルトゥク パキスタン

万能レンズなので失敗することが少ないです。その点も使いやすい理由です。

大三元が我が家にやってきた!Nikkor 24-70mm f/2.8G ED購入! – 広く浅くときどき深く
Nikkor 24-70mm f/2.8G ED …

まとめ

女性 お金

以上が広く浅くときどき深く的な2016年に買って良かったもの10選でした!如何でしたでしょうか?

今年一年でレンズに関してはかなり完成に近づいてきた感があります。

とはいえ、まだ大三元の最後の一端が残っていたり、単焦点もいくつか欲しいものがありますが。。。

おそらく来年は今年ほど買わない・・・・かな?笑

カメラがもう一台欲しいです。早くD810の後継機よでておくれ〜

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン