西安までの長旅。そして夜行列車で蘭州を目指す。

【この日の移動】
成田空港→厦門(アモイ) (全日空 約4時間)
厦門→揚州→西安(深セン航空 約5時間)

西安咸陽国際空港→西安駅(リムジンバス 25元 約1時間)
西安→蘭州(夜行列車 168元(硬臥) 約8時間)

さて旅に出て1日目。

本日は成田空港から中国の西安を目指します!!(・∀・)

そしてうまく行けばそこから夜行列車に飛び乗って蘭州を目指します。

初日から成田→アモイ(廈門)→西安という長旅。さてどうなることやら?

始発で成田へ

さて今回もいつものように京成バスを使って東京駅から成田空港へ。

今回もマイルで旅券を取りました。というわけで、中国東方航空とかではなくANAです。

中国全土ならハイシーズンでも23000マイルで取れるのでかなり安く海外旅行できます♫

また最近、陸マイラー活動にハマっておりマイルを貯めるのがどんどん効率化しております笑

ハピタスいいですぜ、ハピタス。現在は入会キャンペーン中です。

近々効率の良いマイルの貯め方も記事にしようと考えております。マイルがあれば海外旅行だけでなく国内旅行も充実するので。

ポイント還元サイトのハピタスが大規模キャンペーンを開始!みんなマイルで旅しよう! – 広く浅くときどき深く

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

さてそんな話は置いといて、今回もカードラウンジでビール飲んでから出国です。

現在はプライオリティパスを所持してないので今回は航空会社のラウンジを使えないのが残念ですが。。。

旅人におすすめ!!楽天プレミアムカードの豊富な特典の紹介。 – 広く浅くときどき深く

そして搭乗時間も近づいてきました。いよいよアモイへ出発!

ANAってことでもちろんモニターついております。(当たり前)

スーサイドスクワッドやジェイソンボーンが楽しめました。

また機内食も美味しかったです。ハンバーグでした。日系の航空会社はサービス行き届いててやっぱり良いです。日本語通じますし。

映画見たり機内食食べたり、今後の旅のスケジュールを確認してたらあっという間にアモイへ

ちなみにアモイの空港ですが、市街地にほど近く着陸する時怖かった笑

アモイでターミナル移動あって焦る

アモイへは成田の出発が遅れたこともあり1時間遅れで到着。

この時点で次のアモイ→西安の国内線への乗り継ぎまで1時間弱。

さらに自分は国際線のターミナル(ターミナル3)から国内線のターミナル(ターミナル4)へ移動になることを知らず、若干焦りました。

よくよくeチケット確認したらちゃんと書いてましたがwww

というわけで急いで移動。ターミナル間の移動なんて歩いても行けるだろうって軽く考えてましたが、けっこう遠かったのでシャトルバスに乗って正解!

厦門空港は国内線も国際線もガランとしてました。というか中国は空港も駅もなんか似たような構造の建物が多い気がします。

もうクリスマスは終わっていたのに空港にはクリスマスツリーがまだ飾ってありました〜

スポンサードリンク

そしてアモイ→西安の国内線も中国らしくちゃんと遅れてくれたので乗り継ぎは全く問題なかったです。

カップ麺も食べられる熱々のお湯が出るってだけで中国に来たのを実感しました笑

西安まで一直線じゃなかった

アモイ→西安までは深セン航空でした。

機内はディスプレイついてないですが、機内食はでます。

これが中国の国内線の良いところです。日本では国内線はドリンクサービスのみですからね。

しかしそのまま西安まで一直線と思いきや甘かった(;´Д`)笑

揚州で乗り継ぎがありました。乗り継ぎというか途中降機?ですかね

これは昨年にも同じ現象がありましたねー。ラオスの帰るみちすがら。

いよいよ帰国。さらばラオス。 – 広く浅くときどき深く

ただそのお陰で二回目の機内食が笑

道のりは長かったですがなんとか無事に西安に到着!

今回、成田→アモイ→揚州→西安と中国を一周するように西安に着きましたが。

マイル航空券の予約がギリギリだったからこんな感じになったのでしょうか?

もう少し短い路線で結んで欲しかった。。。w

蘭州行きの寝台列車へ

西安までいよいよ着きました!

ここからは西安駅前行きのエアポートシャトルへ乗ります。(25元)

西安市は1370年代(明の時代)にレンガで築かれた城壁で囲まれています。自分は三国志とか詳しくないのでただただかっこいいな、すごいなとしか言えないのですが浪漫があります。

市内では三輪タクシーも走っています。東南アジアでよくみるようなトゥクトゥクとは違ってまた面白いです。

そして西安駅にて寝台列車の硬臥をその場で予約。(日本で言うB寝台)

なんとか明日の朝には蘭州へ着く手配ができました。

ほんとは硬座という座りの席で安く行こうかとも考えていましたが結果的に硬臥で良かった。

硬臥は寝台車両なのでエアコンもちゃんと効いてますし、静かに横になって寝られます。自分は三段式ベッドの真ん中でした。

まったくもって疲労の快復度が違います。

あと今回、筆談で寝台列車の手配しましたが案外スムーズにいけました。

中国旅は毎回誰かと一緒だったり、途中で誰かに助けてもらうことが多かったので大きな自信に繋がりました。

というわけで明日には蘭州!

今回の旅もいよいよ始まります!(o^^o)