セルシュゴンパ(色須寺)→ジュクンド(玉樹)→西寧への大移動!

【この日の移動】

セルシュゴンパ(色須寺)→ジュクンド(玉樹)(乗り合いバン 50元 約2時間)
ジュクンド(玉樹)→西寧(バス 211元 約18時間)

【この日の宿】

なし

旅に出て九日目。前回の記事は下記をどうぞ。

セルシュゴンパで一日中コルラする – 広く浅くときどき深く
前回の記事は下記をどうぞ。 …

本日はジュクンドに滞在するか、西寧に戻るか悩ましいところです。

ジュクンドに泊まったらジャマナニにもう一度行きたいけど、残りの滞在日数考えると何かアクシデントがあった時に西安まで戻るのが大変。

逆に西寧に行くとしたら西寧のタール寺に泊まることになるがどこまで興味深い場所かは微妙。

果たして。

本日も朝からセルシュゴンパ撮影

本日も早朝に起床。しかし予想通り朝9時にしか宿は開きません笑

しかも言葉も通じないので、昨日早く開けてとは言えませんでした笑

まあいいんです!セルシュゴンパで撮影開始!本日も相変わらず気嵐が発生しましたw

本日もセルシュゴンパで最後のコルラをしました!

昨日は時間が合わなくて撮れなかったチベット仏教徒の修行もばっちしです(`・ω・´)キリッ

何やっているのかはいまいちわかりませんでしたが、集団でゴンパの外へ出て座っていました。

宿に戻って荷物を整えてジュクンド行きの乗り合いバンを探します。

セルシュからジュクンドへ

しかし乗り合いバン探しがとても大変でした。11時に乗り合いバンに乗ったのに、同行者が現れずに2時間もセルシュの街をドライバーと一緒にぐるぐるしました笑

やっと出発したのは13時。

もうこの頃にはなんかアクシデントあったら嫌だなと思って西寧行きの夜行バスに本日乗ることに決めました。

幸い、セルシュゴンパもジャマナニも撮りたい写真は撮れてるし早めに西寧に帰ってダラダラしちゃいたいという魂胆です。

ちなみに乗り合いバンの運転手はチベット仏教徒でした笑

ジュクンドーまで乗せてくれてありがとうございます!

そして西寧行きの魔の夜行バス

そして早速ジュクンドーのバスターミナルに行って、17時のバスを予約。

ちなみにジュクンドーの街からは成都行きも出ている模様。時刻表貼っておきますね。

そして近くの食堂で昼食だか夕食だかわからない食事をとって、夜行バスに乗り込みます。

完全行きと同じデジャブですね。また走る冷蔵庫です。

しかも今回は通路にまで人が乗車する始末。

身動きとれない!