タール寺観光!西寧の水井港市場で食い倒れ!

【この日の移動】

皇中(タール寺)→西寧(バス 3元 約40分)

西寧→西安(夜行列車 214元(硬臥) 約12時間)

【この日の宿】

なし(寝台列車)

旅に出て十一日目。前回の記事は下記をどうぞ!

西寧からタール寺のある皇中(ルシャル)へ。 – 広く浅くときどき深く

今回の旅はなかなか過酷なので、そろそろ日本に帰りたくなってきました笑

寒いし、標高高くて頭痛がするし、言葉は通じないし、食事は辛い大変です笑

そもそもチベット仏教徒は輪廻転生を信じていて、そのために現世で徳を積み重ねて来世でかいだつして極楽浄土に行くために苦行を行なっているわけですからね。気持ちが少しはわかってきたのかも。

というわけで?今日はタール寺観光からスタート!

早朝のタール寺観光!

早朝からタール寺を観光しました!

タール寺は西寧から容易に日帰りで来れるので皇中に宿泊する人は少ないはず、それなら朝の方が観光客の少ない生のタール寺が見れるかなと。

結果はその通りでした。

写真撮影禁止なので、外観を撮った写真ばかりでしたが巡礼者はちゃんといっぱいいて、みんな五体投地やコルラしていました。

しかもなんだか正装?している人が多くて驚きました。ここがゲルク派発祥のお寺でツォンカパ由来のお寺だからでしょうか?

あと堂内はとても立派。今回の旅っていろんなゴンパ巡ってますが、堂内は入れないところばかりでしたが、タール寺に関しては逆にお金だせば見れるのでありがたかったかも。

壁一面に仏様が安置されていたり、堂内に巨大なチョルテン(仏塔)があったりととにかく一見の価値あり。

タール寺来てよかったです。

早朝はとても寒かったですが笑

ちなみに昼食は昨日で気に入った砂鍋のお店にもう一度入ってしまった。

やはり美味しい!

スポンサードリンク

水井港市場で食い倒れ

本日の西安行きの夜行列車に乗るために皇中を後にして西寧に戻ってきました。

そして目指すは水井港市場。

西寧って特に見所ないのでどうしても食に走ってしまう笑

フルーツの水飴食べたり

牛のミルクの濃厚ヨーグルト食べたり

餃子食べたり

中国の良いところは料理美味しいとこですね!

しかもホテルと飯屋は歩いてればすぐに見つかるので旅しやすい。

西安行きの夜行列車へ

腹ごしらえもちゃんとできて良い時間になってきたので、西安駅で電車くるまで待機。

最近新しくできた駅だからかもはや空港のようでした。

しかもWi-Fiあります。

ちなみに皇中から西寧へのバスにもWi-Fiありました。

中国はどんな安ホテルでもWi-Fiあるし、ほんと助かります。

あとはグーグルや各SNSさえバンなければもっと助かるのですが。。。

西安行きの夜行列車も無事到着!

相変わらずの硬臥(日本で言うB寝台)ですが、横になって寝れるし空調もちゃんと効くので快適です!

明日はいよいよ西安!

西安では自分が中国でどうしても見たい観光名所があるのでとても楽しみです!