新宿都庁を撮影!上から撮るか、横から撮るか、それとも下から撮るか。

こんにちは。ゆーせーです( ^ω^ )

基本、建築物大好きなので都内の構造物をちょいちょい撮影しています。

晴海ふ頭、風のオブジェを撮影してきた。 – 広く浅くときどき深く

世界貿易センタービルの展望台で夜景撮影 – 広く浅くときどき深く

東京シティビューのスカイデッキで都内を俯瞰撮影! – 広く浅くときどき深く

みんな絶景と言えばとかく田舎や僻地に行きたがりますが東京も世界有数の大都市。探せばいろんな写真が撮れます。

そんな中でも新宿都庁はいろんな撮影ができるので面白いですよー!

上から撮る

まずはスタンダードに展望台から撮影。新宿の摩天楼を一望できる東京屈指の眺めの良いスポット!!!

東京タワーやスカイツリーの展望台に登るにはお金かかりますが、なんと新宿都庁は無料!やっぱりお役所だから!?

展望台には北展望室と南展望室の二つがあります。南展望室は閉館するのが早いので今回は北展望室から撮影してきました。

都庁見学のご案内‐展望室

360度解放されてるので様々なものが見えます。スカイツリーも見えるし、天気が良ければ富士山もいけます。

三脚が使えないので夜景撮影にはISO感度上げる必要がありますが、素敵な写真が撮り放題ですよ!

北展望室は23時まで開館しています。

横から撮る

その他にも新宿都庁近辺はいろんな撮影スポットあるのでとても素敵ですよ。

例えば近くの新宿住友ビル展望ロビー。こちらも三脚使えないですが普通の商業ビルなので無料です。そして新宿都庁も横に入れて写真撮れます。

壁の一面しかガラスがないので構図が決まってしまいますが、好きな構図です。

新宿住友ビルは中央が吹き抜けの正三角形のような構造をしているので天井が素敵です(๑´ڡ`๑)

スポンサードリンク

下から撮る

新宿都庁はもちろん展望台からも素敵な写真を撮れるのですが、なんと下から丸ごと写すこともできます。なんと一粒で二度美味しい。それが都庁。

どーいうことかという新宿都庁の真ん前からこんな体制で写真撮ります笑

使用する機材は魚眼レンズと超広角レンズとグラウンドレベルまで足が大きく開く三脚です。

僕の場合はSAMYANG 12mm F2.8 ED FISH-EYEとNIKKOR 14-24mm f/2.8G EDとGitzoのGT2532使って撮ってます。

超広角魚眼レンズの世界。SAMYANG(Rokinon)12mm F2.8 ED AS NCS FISH-EYEを購入! – 広く浅くときどき深く

神レンズ「AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED」があったらどんなに便利か紹介しようじゃないか。 – 広く浅くときどき深く

最後にたどり着く三脚はこれなのか。GITZOのマウンテニア2型3段「GT2532」と梅本の雲台を購入! – 広く浅くときどき深く

ただそんなに高価な機材使わなくても問題ありません。下記のようなレンズと三脚の組み合わせもありだと思います。

そして撮れるのがこんな写真です。

こっちが魚眼レンズで。

こっちが超広角レンズの写真。撮影位置は同じです。

どうでしょうか??特に夜だと都庁もライトアップして素敵な写真が撮れやすいです。

ただし!地面スレスレで写真を撮影することになるので自ずと撮影者も這いつくばって撮影することになります。

なので汚れてもいい服装で撮影することをオススメします!自分は失敗しました笑

地面はコンクリなので下手したらズボンに穴開きますwお気をつけを!