タシュクルガンからカシュガルへ。新疆ウイグル自治区は面白い。

【この日の移動】
タシュクルガン→カシュガル(6時間 乗り合いタクシー 一人150元)

【この日の宿】

カシュガル オールド タウン ユース ホステル(ドミトリー1泊 45元)



Booking.com

旅に出て八日目。前回の記事は下記をどうぞ。

本日は標高3000mの街、タシュクルガンからカシュガルを目指します。間にカラクリ湖を経由しつつ。

カシュガルはこの旅のゴール地点です。いよいよやってきましたね。

標高3000m、高山病の頭痛に悩まされる

タシュクルガンからカシュガルまでは北京時間で朝10時にバスがでているのですが昨日の疲れもあり起きられず。

※ちなみにバスターミナルはK2ユースから徒歩5分くらいの大通りに面した場所にあります。

そして朝から頭痛が。。。どうやら寝ている間に呼吸が浅くなって高山病にかかってしまったようです_| ̄|○

タシュクルガン観光したかったのですが無念なり。

とはいえタシュクルガンはそんなに見所なさそうな小さな街なのでダメージは少ないですが。

泊まっているK2ユースホステルはバー併設、ビリヤード台あり、Wi-Fiあり、熱々のホットシャワーもでるという至れり尽くせりなホステルでした。そしてドミも綺麗です。

オススメのゲストハウス!

ちなみにK2ユースホステルから歩いて45分くらいのところにタジク族の村があるのですがそこにも高山病でたどり着けませんでした。

タシュクルガンの街も絶賛、再開発が進んでいて中国お得意のテーマパーク化が進んでいる模様です。

あとさっきから北京時間と言っていますが中国というのは世界基準のタイムゾーンに則っていなくて中国全土で北京時間を標準時間と定めています

しかし北京から2400kmも離れているウイグル自治区では陽が昇る時間が全然違うわけです。(経度的にはインドと同じくらいの場所)

というわけで北京時間からマイナス2時間というウイグル時間が設定されているのですがこのブログではややこしいので北京時間で統一します笑(現地では一般的にはウイグル時間で動いています)

そして14時に宿をチェックアウトし、昨日一緒に泊まった旅人たちと乗り合いタクシーでカシュガルを目指します!

タシュクルガンからカシュガルへ

スポンサードリンク

タシュクルガンからカシュガルは間にカラクリ湖があるのであるのでそこで少し時間を取ってもらって写真撮りました。

ラクダがおりました。

しかしカラクリ湖はとにかく風が強い!他の日本人旅行者に聞きましたがカラクリ湖に宿泊しようとしたら風が強くて砂嵐がすごくて宿泊できなかったとのこと!

それくらい強風です!

その後はチェックポストが二回くらいありましたが順調に進んでカシュガルへ。

だいたい六時間で着きました。

カシュガルは中国じゃない!

カシュガルではBooking.comで予約しておいたカシュガル オールドタウン ユースホステルへ。

看板がえらい小さいのでご注意を。最初は気づかないかもしれません。。。

ウイグルの伝統家屋を利用したユースホステルでとても良かったです。ホットシャワーあり、Wi-Fiありです。

まあドミトリーは独房みたいですが笑

着いて早々、カシュガルの街を散策しましたがここは本当に中国じゃないようですね!

まるで中国とは別の国のよう!

新疆ウイグル自治区リピーターが多くいるのも納得しました。

そしてカシュガル着いて初日の夜はウイグル族の家庭料理ラグ麺!

そしてシシカバブ!

いやあー、これが食べたかったんですよね!最近は四川とか辛かったり、ピリピリする料理を出す省によく行ってましたがラグ麺やシシカバブは全然辛くなくてとてもうまい!

カシュガルきて良かったです!

あとは毎晩やっているナイトマーケットをぶらぶらして本日は終了。

ちなみに友人情報ですがカシュガルからタシュクルガンへ行くにはシェアタクシーが一般的な手段でしたが、流しのシェアタクシーでは行けなくなったそうです。

カシュガルからタシュクルガンに行くには旅行会社の認可を受けたタクシーである必要があります。

流しではなくユースホステルなどで人数を募ってホステルの従業員に手配をお願いしましょう。手配さえできれば容易に行くことが可能です。

タシュクルガンからカシュガル行きのシェアタクシーは引き続き問題ありません。