MacBook AirからiPad Air2へ。ラップトップじゃなくてタブレットで十分でした。

こんにちは、@ゆーせーです。

家庭のPC環境ってとても大切だと思います。PC環境はガチで生産性を左右します。

かくいう僕も自宅ではiMac 5Kを使ってガンガンサクサクネットブラウジングやら写真編集を楽しんでいます。

一方で問題はモバイル環境。iMacはデスクトップなのでもちろん外には持っていけません。

とはいえ、屋外でも快適にネット環境に触れていたい。できれば山とか海外旅にも持っていきたい。

というわけで、以前から使っていたMacBook AirからiPad Airに乗り換えました。

使わないMacBook Air

MacBook Airを購入したのは2013年。当時から自宅ではiMac、屋外ではMacBook Airを使うというイメージで購入しました。

実際、今でも長期で家を空ける時には重宝しています。

ただですね、どこかに行かない限り使わないんですよね。

MacBook Airは1.35Kgですが、それでも重いといえば重い。持って行くにはやはり気合い入れねばなりません。しかもサイズもA3くらいあるので、ある程度大きなカバンが必要です。

そしてディスプレイの解像度もRetina Displayに目が慣れた今ではドットが粗いので気になって仕方ない笑

というわけで家で埃を被ることが増えてきました。

使わないのなら売却して効率化を図るのが僕のポリシーなのでMacBook Airは売却。

MacBook Airは円高最盛期に買ったので、なんと当時の購入額より高く売れました笑

スポンサードリンク

さすがはアップルブランドのリセールバリュー!5年も前のラップトップなのに信じられん!

というわけでモバイルでの用途ではMacBook Airがなくなったのでどうしよう?となったわけです。

屋外で必要な用途を洗い出してみた

MacBook Airに変わるガジェットを購入するにあたり自分が屋外で必要な用途を洗い出してみました。

・ネットブラウジング
・電子書籍購読
・動画鑑賞
・ブログライティング

書き連ねるにあたり思ったことはiPhoneで全部足りるやんってことですね笑

他には写真編集とか考えられるのですが、旅先で写真編集できる時間があるならその時間で写真撮りに行くので必要なし。

あとはたまに自分の写真を友人に見せる機会があるので、画面は大きい方がいいよねとなりました。

というわけでiPadに狙いを定めました。

結論、iPad Air2で十分

iPadが選択肢に入ると昨今は新しいiPadとかiPad Proとかいろいろ考えられるのですが一世代前であるiPad Air2にしました。

理由は中古価格が下落しているのと、新しいiPadより軽いことですね。反射防止コーティングや乱反射が起きにくくて発色も良くなっているフルラミネーションディスプレイも新しいiPadにはついてませんが、iPad Air2にはついてるので写真閲覧もしやすいです。

そして何より嬉しい重さはなんと469g!使っていたMacBook Airの三分の一の軽さになりました。

大きさもA4サイズもないのでどこへでも持っていけますね!

iPad Proを選ばなかったのは、Apple Pencilを使った液タブ的な使い方とかスマートキーボードを購入してビジネスライクに使う用途でもない限りは高機能すぎるなあと思ったからです。

使ってみて思いましたがiPad Air2でもあらゆる用途でサクサク動くので特にイラっとするとことはありません。今のところ、この選択で間違ってなかったかなと思います。

というわけで初めてiPadユーザーとなりました( ^ω^ )