成田→メキシコシティのビジネスクラス「ANA BUSINESS STAGGERED」フルフラットシートの搭乗レビュー!

こんにちは、@ゆーせーです。

今回は図らずも乗ることになった成田→メキシコシティの「B787-8」(169席)の「ANA BUSINESS STAGGERED」の紹介です。

実は成田⇄メキシコシティはANAが飛ばしてる最長路線です。そしてB787はANAがローンチカスタマーであるボーイング社の最新鋭機。

さらにさらに成田⇄メキシコシティにはファーストクラスは設定されていないので、ビジネスクラスが最上位座席です。

「ANA最長路線×ボーイング最新鋭機×ファーストクラスが設定されていない」ということはもうある意味で成田→メキシコシティはANAの最上のビジネスクラスということで間違いなし!

余すところなく搭乗したビジネスクラスの良さを伝えたいと思います!!

そもそもなぜビジネスクラスに乗れたのか?

そもそも成田→メキシコシティのビジネスクラスに乗ることになったのはオーバーブッキングによるアップグレードです。

オーバーブッキングといえば以前に弾かれて予定の飛行機に乗ることができなかったこともあります。

それは過去にこのブログでも紹介したことがありますね(笑)

しかし一方でオーバーブッキングによりビジネスクラスにアップグレードされたという話もちらほら聞いたことがありました。

どうやらGWや年末年始などの繁忙期に確立が高いとのこと。

あと一人旅だとさらに確率上がるようです。複数人だと1人だけアップグレードされたら不公平感が生じてしまいますからね。

とはいえ、そんなの狙って起こるものではないので特に気にしてませんでした。

そしたら今回のメキシコシティ行きのチケットを成田で発券した時にでてきたのがこれ。

※番号が小さい座席は上位座席です。

ビジネスクラスと書いてある!!!ANAさんありがとう!

予約の段階で座席シートはエコノミーの窓側非常口付近を予約しておいたのですが、当日窓口でエコノミーが満席でビジネスクラスにアップグレードされましたと伝えられました。

ただし、ビジネスクラスだと通常はANAのラウンジ使えるのですが航空会社都合のアップグレードでは入れないこと。これはちょっぴり残念。

今回もマイル発券でした。

ちなみに今回もマイル発券です。マイルの貯め方は当ブログでなんども紹介している陸マイラー活動ですね。

成田⇄メキシコシティのANA便エコノミーなら自分の行った時期ですと55000マイルで取れたので、陸マイラー活動すると三ヶ月で貯まります(笑)

マイル発券なので、空港税と燃油サーチャージくらいしか払っておらず約一万円ほどでメキシコシティまで発券できました。

それでビジネスクラスアップグレードとかもはや申し訳ない笑

地道にANAマイラーやってて良かったです!

ちなみに現時点でメキシコから帰ってきても自分は9万マイル保有しています(笑)

搭乗前から優先

ビジネスクラスにアップグレードされてからはもう全てが優先待遇を受けます。

まずは国際線で必ずならぶ荷物チェック。成田空港利用されてる方ならいつも長蛇の列で辟易するあれですね。

これをビジネスクラスではゴールドトラックという優先レーンでスルーできます!

さらに自分は国際線自動化ゲートにも登録してるので出国審査もスルーできます。

結局、成田の手荷物預かりから免税エリアまで5分くらいしかかかっていないという信じられないスピード!

さらに飛行機に搭乗する時ももちろんビジネスクラスが優先されます。至れり尽くせりです。

圧巻のビジネスクラスの設備

いよいよ「B787-8」(169席)の搭乗レビューです!まずは座席!!!

ガチのフルフラットシート!!!

短距離路線ではビジネスでもフルフラットは採用されない(長距離ですら採用されていない路線や便もあり)のでこれはテンションあがる!

ANAの「B787-8」(169席)の成田→メキシコシティは下記のような座席表です。

自分の座席は1Dでした。座席表でいうとまさしく最前列です(笑)

座ってみた感想としてまずはディスプレイでかい!迫力の17インチサイズ!

座席の操作メニュー多機能過ぎです!全部試したくなります!

さらにビジネスクラスは個室のような全座席がスタッガードシート配列なのでどの席からでも直接通路に出ることができるのがとても便利!

隣に気を使わずにトイレに行けて便利です。隣とも仕切りがあるので搭乗時間中はまったく気になりませんでした。

コンセント類も充実!USBもコンセントプラグも同時に使えます。

リモコンはまあ普通かな。エコノミーより少し良いです。ちなみに機内の映像メニューはエコノミークラスと変わりありませんでした。

さらにライトも至る所にあるのでなんかもう使い方よくわからん!笑

設備類はやっぱり座席のフルフラットが最高ですね。座席ピッチも広いので、日本人の平均的身長ならまったく問題なくまるで自宅にいるかのようにくつろげます。

あと設備じゃないですが、ビジネスクラスには機長とキャビンアテンダントから搭乗のご挨拶がエコノミークラスとは別にありテンション上がります。

他にも細かいところはいろいろありますがそれはもうビジネスクラスに搭乗したらシートガイドみて下さい笑

アメニティーも充実

もちろんビジネスクラスはアメニティーも充実しています。

まずはスリッパ。これはペラペラしてました笑

そしてアメニティキット(トラベルキット)。ポーチになってます。

なかはアイマスク。歯ブラシ。スキンケアセット。ニールズヤードというオーガニックコスメのブランドで女性は嬉しいと思います。

そしてフルフラットにした時のベッドパッドもありました。低反発です。

これはグッドデザイン賞を受賞したもので東京西川「エアーサイクロン®」を採用。枕、コンフォーター、カーディガンなども貸し出しいただけます。

このベッドパッドですが、とにかく気持ちよくてフルフラットのシートと相まって一瞬で眠りの世界に誘われます(笑)

もちろん寝心地も抜群!!!

その日の新聞も配ってくれますよー。

あとはソニー製のノイズキャンセリングヘッドフォン。しかしノイズキャンセリングはぜんぜん効きませんでした。

この点はBOSE QC35が圧勝。やはりヘッドフォンはボーズおすすめです。

ノイズキャンセリングの効果でほぼ飛行機のノイズを遮断してくれます。

お陰様で冗談じゃなくビジネスクラスが1.5倍満喫できます。

夕食ではガチなフルコースの和食と刺身が食べられる

ここまで設備、アメニティと紹介してきましたがビジネスクラスで一番楽しみなのがやっぱり食事ですよね!

初めての国際線ビジネスクラスなので嫌が応にもテンション高まります。

スポンサードリンク

まずは搭乗と同時にウエルカムドリンクとしてシャンパンを頂けました。なぜかプラスチックのカップ笑

シャンパン以外にも確かオレンジジュースなども選べたと思います。

そして離陸してから機体が安定するとすぐに本日のメニューが配られます。

中身は凄かった。。。ワインの充実度が半端ない。2400銘柄から厳選されたワインを提供しているとのこと。

もちろん他のアルコールやソフトドリンクも充実。日本酒も二種類ありますよ、なにこれすごい。

そしてもちろんドリンクだけではなく、食事も素晴らしい。

和食と洋食から選べますが、デザートはピエールエルメ!そして和食の方は「銀座奥田」!!!

銀座奥田とかNHKプロフェショナルで何度か特集されていて、いつかは一生に一度でいいから食べてみたいと思っていた料亭!

テレビで放映されていた銀座奥田の鮎の塩焼きほんと美味しそうだったのですよねー。

まさかこんなところで銀座奥田に出会えるとは。

普段の機内食ではチキンオアフィッシュくらいしか聞かれないのに、なんなんだこのビジネスクラスの圧倒的VIP感は(笑)

というわけで、さすがに鮎の塩焼きは出てきませんが「銀座奥田」の和食をチョイス。

フルコース仕立てになっているので料理は少しづつでてきます。

搭乗中ずっとお酒飲み放題なので、ワインと日本酒を中心に飲んで行きます。飲んべえには最高な環境ですわ、これ。

まずはアミューズ。和食でもアミューズだけは洋風です。一口食べて衝撃を受けました。

アミューズ
・パプリカ風味のチーズスティック
・チキンときのこのパテ
・2種のオリーブとチーズ ハーブオイルとともに

めっちゃ美味しい。。。

今までのエコノミークラスの機内食ってとにかく空腹を満たすための食事という印象が強くて美味しくないものと感じてました。

特に海外の航空会社とかわけわからんものでるし笑

しかしビジネスクラスの食事はもう、地上でもいいお店行かないと食べられないクラスのクオリティでした。美味すぎ。

アミューズをさらっと食べたあとは銀座奥田の先附、お造り、小鉢。ここからは和食ですね。

先附
・夏野菜のゼリー寄せ


お造り
・小鯛笹漬け 羽太 煽り烏賊

小鉢
・牛時雨煮 冬瓜

これはこれで衝撃。まさか飛行機でお刺身食べられるなんて。。。しかも新鮮だし。

もちろん銀座奥田に行ったことないのでわからないのですが、このクオリティなら充分地上の銀座奥田にも負けていないのではないでしょうか。そんなお味でした。

そして主菜と御飯。もはや感無量。。。

主菜
・伊佐木胡麻塩焼き

御飯
・枝豆もろこし御飯、味噌汁、香の物

感動致しました。こんな美味しい食事をワインや日本酒いっぱい飲みつつ、映画見ながら食べたぼくは呪われるかもしれません。

そして最後にピエールエルメのデザート。

デザート(「ピエール・エルメ・パリ」とANAのコラボレーションメニュー)
・エモーション マホガニー
(ライチ・マンゴー・ココナッツを使ったカラメル風味クリームのグラスデザート)

食事の量はそんなになさそうだったので食後の空腹感が心配でしたが杞憂でした。

しかし実際は20代男子でも充分お腹が膨れる食事量です。

どうしよう、もうエコノミークラスに乗れなくなったら。

食後のコーヒー付きです。食後酒も頂けました。

小腹が空いた時の食事

さらにビジネスクラスの食事はこれだけでは終わらない!

なんと小腹が空いた時の食事もオーダーできます。

メニューはラーメン、カレー、パンなどなどとにかく豊富です。

空の上でラーメンまで頂けるという。。。笑

このメニューが何回までオーダーできるかは知りませんが、さすがにそんなに食べられなかったので一品だけパニーニをオーダー。

※実際にはいくらでもオーダーできるようです。すでにお酒と銀座奥田の食事でお腹いっぱいだったのですが、もう少し頼んでおけばよかった(笑)

熱々のパニーニ出てきました。味はもちろん美味しい。すごいよ、ビジネスクラスさん。

朝食も当たり前だけど美味しい

成田→メキシコシティは搭乗時間が14時間なので朝食も提供されます。

朝食も和食か洋食が選べます。夕食が和食だったので朝食も和食にしてみました。

でてきたのがこちら。

朝から温かいお味噌汁と美味しいお魚の煮付けが食べられます。

こんなクオリティ、ほんと地上の生活よりぜんぜんいい!!!

ホスピタリティも半端ない

なにからなにまでVIP待遇なビジネスクラスですが、客室乗務員のホスピタリティももちろん素晴らしい。

搭乗したらすぐに今日はご搭乗ありがとうございますと挨拶されますし、呼び出しボタンを押すとすぐに駆けつけてくれます。

調子に乗ってお酒飲み過ぎたので何回もお水頼んだのですがその都度すぐに対応してもらえました。5秒で来ていただけます。

あと地味に嬉しかったのが、ワインや日本酒頼むと毎回座席までワインボトル持って来てくれてサーブしてくれました。

エコノミークラスだと乗客50人に一人くらいの割合で客室乗務員がついてるイメージですが、ビジネスクラスだと5人に一人くらいついてる感じです。

トイレも充実!

トイレもビジネスクラスのものは優遇されていました。

トイレは便座も日本仕様!ウォッシュレット付きです。

さらにトイレにも歯ブラシ、ボディシートなど完備されています!

登場後の疲れがない

あっという間に14時間の旅も終わり、メキシコシティに到着しましたがいつもの長時間フライトの疲れをまったく感じませんでした。

なんなんでしょうね、これ。窮屈な感じとかまったくなかったし、ストレスなかったのもあるし、フルフラットで寝ることができたのも大きいと思います。

イメージ的には日本からメキシコまで瞬間移動してきた感覚です。というか疲れが搭乗前より癒えました(笑)

まとめ

以上がビジネスクラス搭乗記でした。如何でしたでしょうか?

いろいろと成田→メキシコシティの「B787-8」(169席)の「ANA BUSINESS STAGGERED」ビジネスクラスのメリットを余すところなく書いたつもりです。

要点は下記の通り

・手荷物検査、搭乗から優先
・フルフラットシート
・食事のクオリティがすごい
・ホスピタリティ半端ない

特に僕が感動したのはフルフラットで寝れることと、食事でした。

この二つが素晴らしいだけでビジネスクラスのメリットは充分あると思います。

ビジネスクラス搭乗はまるで空の上のホテルにチェックインするようなもの。最高のサービスを受けることができます。

このビジネスクラスですが、エコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレード狙うのもありかもしれませんが確率低いので、マイル貯めてビジネスクラスを発券する方が手っ取り早いです。

成田→メキシコシティはビジネスクラスでもローシーズンならたったの75000マイルから乗れます。

陸マイラー活動で頑張れば、半年もあれば貯まります。

ぜひぜひ一度は国際線長距離路線のビジネスクラスを味わってみましょう♫人生観変わりますよ♫