Nikonユーザーの僕が考える2台目のカメラについて

こんにちは、@ゆーせーです。

突然ですが僕にはここ一年とてつもなく悩んでいる悩みがあります。

それは二台目のカメラが欲しい!!ということ。

ひとまず今使っているD610を売る気はないので二台目が欲しいと僕のこころが言ってます。

そのあたりのことについて僕がなぜ二台目のカメラが欲しいのか?Nikonユーザーの僕なら何を選ぶのか?ってあたりを書いていきたいと思います٩( ‘ω’ )و

なぜ二台目が欲しいのか?

今でもそれなりなフルサイズカメラと大三元レンズ全て揃えているのですが、それでもあえてなぜもう一台カメラが欲しいのか?

そこんところをスッキリさせたいと思います。

表現が広がる

まずは二台目を購入することで表現の幅が広がります。

一台だけだとレンズは一つしか付けられません。当たり前ですがこれ心理。

現在の技術力では14mm-600mm F1.4 重量1kg なるスーパーレンズは存在しないので(あってもビル一棟レベルの大きさかと思いますが)、どうしても一台だけだと焦点距離、明るさなどに縛られます。

レンズを交換すれば良いのですが、旅先でのスナップや催事などだと勝負は一瞬。レンズ交換している暇などないのですよね。

さらにレンズ交換はホコリやチリがカメラ内部に入って故障の原因にもなります。

二台カメラが使えれば選べるレンズが二種類になるのでそれだけ表現の幅が広がるわけです。

バックアップになる

カメラが一台しかないと常に故障との闘いになります。当たり前ですね。その一台のカメラが壊れるともう撮れないですからね。

カメラの故障もいろんな種類があってカメラが壊れるという不具合だけならまだしも、メモリーカードに撮影データが記録されていないなど、様々な故障が考えられます。

しかも故障以外にも海外ではカメラを盗まれるなどの窃盗のリスクも生じます。

投資でも仕事でも人生でもそうですが、何事も一つに頼りすぎるのはよくありません。常にプランBは念頭に置いておくべきです。

二台カメラがあれば、一台が壊れてももう一台で撮影できます。

一台が撮影不能に陥るリスクは高いですが、二台が同時に撮影不能に陥るリスクはかなり低いのです。

マップカメラのクーポンが余ってる

マップカメラさんのクーポンが余っているというのもカメラが欲しい一つの理由です。

実は今年の四月にマップカメラさんが運営しているSNSサイト「EVERYBODYxPHOTOGRAPHER.com」で「ジャパン賞」を受賞し、一万円のクーポンをもらいました。

また、マップカメラを運営している株式会社シュッピンの株主でもあるので株主優待券のマップカメラで使える5000円分のクーポンももらっています。

というわけでカメラが欲しい。。。笑

レンズはそんなに購買意欲が湧きません。現状の大三元で足りてます。(強いて言えば、超望遠レンズか標準域の単焦点レンズが欲しいくらい)

旅先で使いたい

自分、今年の年末に南インドを旅するのですがインドはチリとホコリにまみれた世界だし、治安もそんなによろしくないので、カメラが故障するリスクや窃盗にあう確率が飛躍的に上がります。

さらに一瞬を撮影するシーンが多いので、二台カメラを持っていくと表現域がかなり広がります。

というわけで、今年の年末までにはもう一台買いたいと考えてます。

ちなみに二台カメラを持つデメリットとしては、重い、嵩張る、管理が面倒などなど罵詈雑言が多くのカメクラから上がってきますが、そんなもんは全部無視です(・∀・)

しかし、カメラは高い。。。

ただカメラは高いですよね。自分が使いたいカメラとなってくると各社の高級機になるので最低でも15万以上してきます。

自分が二台目のカメラを買うのにとても悩んでいるのもこれが大きな理由です。

ただカメラはイニシャルコストだけでランニングコストだけです。

コストも新品ではなく中古を買えばある程度は抑えられるし、ここは必要な投資だと思っています。

時代はミラーレス

あと確実に今後はミラーレスの時代です。

ミラーレス機はレンズシャッターが必要ないので軽くてコンパクト、そして最近ではEVFもほぼラグは発生しなくなったし、像面位相差AFの測距点が画面いっぱいに広がっているミラーレスのAFは一眼をほぼ凌駕しつつあります。(一眼レフでは光学的にムリ)

特にSONYとFUJIFILMの瞳AFはやばい領域に入りつつあります。

あとはバッテリーが持たない点だけがネックですが、数年で実用レベルに達すると思います。今はちょうど過度期ですが、そのうち一眼レフカメラはかつてのフィルムカメラのような立ち位置になると思います。

その点も踏まえて購入を検討しています。

二台目候補

以下に自分が候補として考えている二台目のカメラをあげます。

どれも良いカメラなのでとても悩む!全部欲しい!!!

スポンサードリンク

D850

2017年9月に発売されたNikonのD800シリーズの最新機!

このクラスでは最高画素である4575画素と最高9コマ/秒という高画素と連写性能を併せ持ったモンスター機です。

その他、フォーカスシフト撮影や8Kタイムラプスなんかもできる優れもの。

時代はたしかにミラーレス機ですが、バッテリー一個の撮影可能コマ数では一眼レフの方が圧倒的に優れているし、自分はNikonの大三元を持っているのでレンズを買い足す必要もなし。

なによりNikonにはニッコールフォトコンテストなどで大変お世話になっていて愛着もとてもあります。この会社のカメラとレンズがなかったら撮れなかった写真がいっぱいある。

まだまだ値段は高いですが、現状の最強一眼レフと見て間違いないでしょう。

α7RⅢ

最近は過去最高益も記録し、飛ぶ鳥を落とす勢いで元気なSONYさん。

カメラの心臓部である撮像素子を製造しているだけあってカメラもかなり強い!

そんなSONYから最近発表されたのがα7RⅢ。画素数4240万画素で最高10コマ/秒という高スペック。これは完全にNikonのD850とCanonの5Dmk4を潰しにきてますねw

あとバッテリー容量がα9と同型のものになったことで、撮影可能枚数がα7RⅡから一気に二倍に増えています。

SONYのネックはレンズのラインナップが少ないことですが、怒涛の勢いで増やしてますし、どんどん死角がなくなってますね。

ただ自分が購入するとなるとSONYを買うにはボディーだけでなくレンズも購入する必要があります。

購入するとしたらFE 24-70mm F2.8 GMとかなのでα7RⅢと同時購入したら60万近く逝きます!キツイ!!

αにアダプターかませて、Nikonレンズ使うというのもアリといえばそうなのですが、AF応答性など極端に落ちるのでキツイです。

あと、SONYはカメラは軽くてもレンズが重い!!

レンズはNikonやCanonのフルサイズ一眼レフと変わらない重さです笑

このあたりのバランスがなかなか許せない部分も多くて悩みます

X-T2

昨今のカメラメーカーの高画素戦争およびフルサイズ至上主義から一線を置いているのが富士フイルムとオリンパス。

その中でも富士フイルムはAPS-Cサイズの比較的大きなセンサーサイズですし、センサーサイズがちいさなぶんレンズまで含めたシステムがかなりコンパクトに収まるので気になっています。

値段もかなり安く富士フイルムのフラッグシップカメラのX-T2の価格は新品でも15万円くらい。レンズ込みでもSONYの半分以下の値段でシステム組めます。

画素も2400万画素あるし、4K撮れるし、操作性は各カメラメーカーの中でも一番サクサク動きます。あとはセンサーにX-Transという他社とはやや違うタイプのものを積んでいるので、PhotoshopやLightroomでいじりにくいのがネックなくらいですかね。

あるいはGFXなどという選択肢も。。。٩( ᐛ )و

D810

D850で騒がれているNikonですが、安くなった前機種のD810を狙うのもありです。

画素数は申し分のない3635万画素だし、今まであまたのプロが使ってきたカメラという実績もあります。

今なら中古で10万円台なので、お財布にも優しいです。

さらにNikonでシステム組んでる僕にとってはレンズを追加購入しなくていいのも嬉しい。

ネックは撮影コマ数が少ないのと、背面液晶が可変式ではないことってとこですかね。

α7RⅡ

α7RⅢの発売で中古価格が安くなるであろうα7RⅡも視野に入れています。

なんだかんだでマップカメラのセールで10万円台後半ででてきてもおかしくないのでは!?

そうなってくると新品のα7RⅢとの価格差は20万円近くになるのでかなり大きな差になってきます。

α7RⅡとⅢはセンサー同じもの積んでますしね。撮影コマ数はⅢより半減しますが用途を絞ればそんなに差はないように感じます。

まとめ

如何でしたでしょうか?ここまで僕の悩み事です。ブログ書いてスッキリするかと思えば悩みは深まるばかりです。笑

というかこの悩み、ここ一年とかではなくて年中の悩みですね笑

なんだかんだでα7RⅡかX-T2買いそうです。Nikonやめてしまいそうな自分が怖い。。。

あー、年末ジャンボ当てて、億万長者になって全部のカメラ買いたいー