アステカ文明の遺跡、ティオティワカンとメキシコシティの伝説の宿

【本日の移動】

メキシコシティ⇆ティオティワカン(バス 片道約1時間 片道50ペソ)

【本日の宿】

ペンションアミーゴ(一泊朝食付き 140ペソ)



Booking.com

旅に出て13日目。社会人になってからもっとも長い旅を更新しました。前回の記事は下記をどうぞ。

本日はグアナファトからメキシコシティまで夜行バスで帰還。そのままバスターミナルからティオティワカンを半日観光して、メキシコシティに滞在です。

雨のティオティワカンへ

前日の夜に乗った夜行バスは雨の中、メキシコシティに朝4時に到着。

この時間は夏でもめちゃくちゃメキシコシティ寒い!そして眠い!

ブルブル震えながらも、たまたま到着したメキシコシティの北バスターミナルからはティオティワカン行きのバスが出ていたので始発便で出発です。

始発ってこともあり、地元民しか乗車しておらず思いっきりティオティワカンスルーされたのですが、なんとか降ろしてもらって無事にティオティワカン着きました笑

最後は30分くらい歩いた笑

壮大なアステカ文明

ティオティワカンには開館と同時に入ったので貸切でした!雨というところは残念ですがこれは嬉しい!(結局、雨で悩まされたのはこの旅ではこの日だけでした)

ティオティワカンめっちゃ広大です!

真ん中を通る死者の大通りだけでもなんと4Kmあります。

せっかく太陽のピラミッドと月のピラミッドにそれぞれ登ってみました。

まずは月のピラミッド!

月のピラミッド周辺には野良犬がわんさかいて、なぜか階段を登って頂上のフロアにもわんさかいてびくびくしました(>_< )

ティオティワカン全体を見るなら月のピラミッドの方が太陽のピラミッドより階段がきつくないし、見晴らしもいいです。左側のピラミッドが月のピラミッドになります。

そして太陽のピラミッド!大きさは手前の女性の大きさから圧倒的だということがわかると思います。高さは65mあります。

太陽のピラミッドはありえないほど急な坂を登りました(しかも雨の中)

さらに頂上では豪雨が吹き荒れるという台風のようなシチュエーションでしたが、とりあえず登ったという実績は手に入れました。

頂上まで登るとこんな感じであまり綺麗ではありません。右側には月のピラミッドが見えます。

結構急いで回ったつもりですがそれでも3時間かかりました。ティオティワカンめっちゃ広大です。

そして帰りのメキシコシティ行きバス停間違えた笑

皆さん、ゲート1か2にしかバスは停まりませんよ!