もし深夜に空港に着いてしまったら安全・安価で快適な空港泊がオススメ!

羽田空港

自分で航空券を予約するような旅好きな方であればなるべく安い航空券を予約する方が多いと思います。しかし安い航空券であれば夜遅くに到着するような便も多いはずです。

そんな時、空港に到着してさあこれからどうしよう?と考える人も多いのではないでしょうか?

僕は夜遅くに外国の空港に到着したときは以下の三つの理由で空港泊をお薦めします。

空港泊

空港泊は意外と治安がいい

日本という非常に安全な国を出国して外国に到着したとき、それが深夜であるとはっきり言ってどんな国でも危険と言っても過言ではありません。

しかも深夜は電車もバスもありません。

タクシーに乗って市内に行けばいいと考える人もいるかもしれませんが、タクシーだってちゃんと市内に行くかもわからないし、運転手さんに危害を加えられる可能性だってあります。

その点において空港泊であれば国際線が発着するような大きな空港であれば大体24時間電気がついています。

しかも空港は24時間、警察が巡回しているので荷物さえ身の回りにしっかりと囲んでおけばよっぽどのことがない限り危害を加えられる可能性は少ないです。

空港 寝袋

朝から活動できる

もし深夜に到着して、ホテルに向かっても結局は何も活動できません。ホテルで体を休めて翌日の朝から観光することになると思います。

それならば空港に泊まっても時間の観点から見れば一緒です。しかも空港は市内から離れていても、電車、バス、タクシーなどの交通手段はかなり豊富です。

スポンサードリンク

空港泊 その2

なにより節約できる

今回のエントリーで一番言いたいのはこれです。深夜に到着して一泊するのと、朝から観光して一泊するのも値段は一緒です。もったいないなと感じたことがありませんか?

もしそう感じたことがあれば空港泊オススメです!空港泊すれば一泊分が浮きます!

そして浮いたお金でおいしい食事や観光をすればいいと思います。

空港泊は体力的にきついと思う方もいるかも知れませんが外国人もよく活用しています。心配な方は寝袋を持っていくとよく寝れますよ!

今のところ僕はサンフランシスコ、ワシントンD.C.、ローマ、パリ、バルセロナで空港泊したことがあります。

※その後の旅でクアラルンプール、中国、成田、羽田でも空港泊の経験が増えました笑

また、英語ですが以下のようなサイトもあります。
The guide to sleeping airports

興味がある方はぜひ試してみて下さい。

ちなみに空港泊ではソファや地面で寝ると身体が痛くなったり底冷えするので寝袋があったほうがいいです。

そして暑い国に限って空港は寒いみたいな場合も多いのでなるべく重ね着できるようなスタイルをオススメします!

ぜひ楽しい空港泊ライフを送ってくださいね♫笑