旅行に行くならこのレンズ!Nikon 24-85mm ED VRは万能軽量レンズ。

Nikonの24-85mm VR

最近はデジタル一眼レフの価格もこなれてきたので、旅行に一眼レフを持っていく人が多いのではないでしょうか?

しかし一眼レフはコンパクトデジカメよりも重い!嵩張る!そしてレンズ交換が不便!

なのでちょっとした旅行ならスマホで撮影したり、あるいは軽量なミラーレスカメラに移行しちゃう人が多いのでは。。。

でも写真はやはり画質重視!少しくらい重くてもどこにでも持って行きたい!そんな方にオススメしたいのがこのレンズ!(ニコンユーザー限定!)

その名もAF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRです。(以下24-85mm ED VR)

24-85mm ED VR

名前長いですが、軽量であらゆるシーンに対応する万能レンズです。

しかも価格が超お手頃!!中古なら約3万円で手に入ります(o^^o)

キットレンズなのですごく安い!

Nikon AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

もともとはCanonユーザーだったのですが、D600を機にNikonに鞍替えした時に目に止まったのがこのレンズでした。

実は僕のNikonとしての記念すべき一本目のレンズです。

ついに!!D600がD610に生まれ変わった。 – 広く浅くときどき深く

Canonの頃はなぜか一端にも24mmの単焦点でずっと撮影していたので、今回も単焦点ありかな〜と考えていました。

しかしズームの方がやっぱり利便性ある!というわけで、直近で東南アジアを旅する予定もあったので選んだのがこの一本!

【まとめ】2013年-2014年の年末年始。東南アジア4ヶ国(タイ、カンボジア、マレーシア、ブルネイ)旅 | 広く浅くときどき深く

かなりAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRと迷いましたが、価格的に高額なのと重量が710gあったので断念。

24-120mm ED VRはあらゆる場面に使えるので残念でしたが結果的には24mm-85mmでも充分だったので正解でした。

24-85mm ED VRは重量465g!D600の重量が約850gなので合わせても1.5kgいきません。

スポンサードリンク

この重量ならどこへでも持って行くことができます。

そしてNikonの手ぶれ補正機能であるVRも搭載しているので暗いところでもあまり手ブレに悩まされません。

画質に関してもNikonの金帯や他の高級レンズに比べれば周辺減光や解像度の不足が目立ちますが普段使いなら全く問題ありません。その辺りはレタッチすればいくらでも修正できますし。

当ブログの写真はほぼこいつで撮影してます。

画像からわかると思いますが、あらゆるところに持って行っては撮影しているので一年でかなり年季入ってます笑

Nikon 24-85mm ED VRのレンズフード

レンズキャップもひどいです笑 

その他、レンズフードとレンズカバーが最初に付属してました。

またレンズには、もちろんですがレンズフィルターを使っています。

旅行中は前玉をどこにぶつけるかわかりませんからね。72mmのKenkoのプロテクターです。

レンズ交換しなくていいのはめっちゃ便利

松本城のHDR写真

例えば最近撮影した松本城。

何気なく撮影した一枚ですが、たまたま24-85mm ED VRを持っていたので簡単にスナップ写真的な感じで撮影出来ました。

24mmから始まっているので風景写真にも使いやすいので重宝してます。

特に旅行中は旅行の方を楽しみたいのでどうしてもレンズ交換が億劫です。しかも屋外で交換するとカメラ内部にホコリが入って痛めてしまう場合もあります。

このレンズならそんな心配も無用です。

やはり純正!デザインがよく似合う!

D600と24-85mm ED VR

そしてやはりさすがはNikon純正です!デザインがD600と調和していてすごくかっこいい。

もちろん純正の強みとしてAF速度も爆速です。すぐに合焦します。

サードパーティ製だとAFが遅かったりするので、この点はすごく安心しますね。普段つけっぱにするならやっぱこれです!

  • 佐久間佑尽

    自分今現在あなたと同じ選択肢で悩んでいます。
    24-85か24-120かです。
    同じ点で少し悩んでいます。
    24-120は120mという利点がいいですが高額な点です

    24-85の使い心地はどうでしょうか。
    町中の撮影では85-120あたりで撮りたいこともあると思うのですが・・・

    出来れば返信していただけるとありがたいです

    yyuujjiinn@icloud.com