初めてのスタジオ体験!シャッタートーク in Tokyoに参加してきました。

shutterstock ロゴ



先日、ストックフォトサービス大手のShutterstock主催によるシャッタートークin Tokyoというイベントに参加してきたのでレポートします☆

このイベントは一日かけて売れるストックフォト素材の講習と、実際にスタジオでのモデル撮影による実践という二本柱。

これからストックフォトで稼ぎたい!という僕のような輩にまさにうってつけなイベント内容です。

費用は3000円でしたが、実際に参加してみた感想として5000円出しても参加する価値があったと思えるセミナーでした。

定員は15名でしたが神戸や茨城などの遠方から来られている方や外国の方も参加されたりとイベントにかける意識の高さを感じました。

午前中はストックフォトセミナー

シャッターストック

シャッタートークは自由が丘で行われました。午前中は自由が丘グリーンホールの会議室。shutterstockの講習です。

講師には美人図鑑とのコラボでもあるので、美人図鑑の主催者の方が登壇されました。またそれだけではなく、shutterstockのアジア・太平洋を担当されている方もいらしていました。

午前中のセミナー内容は主に撮影のノウハウや、売れ筋の画像について。また、シャッターストックにアップする際のコツが中心でした。

端的に言えば売れる写真に共通しているのは清潔感・充分な余白・無名の被写体とのこと。購入者はデザイナーが多いのでこうなるとのこと。

確かにシャッターストックを見ていても、どの国でも共通のイメージを抱かせるようなイメージがめちゃくちゃ多い。

ちなみにシャッターストックでは一秒間に4枚の割合で写真が売れているとのこと。道理でよく売れるわけです。

また写真家からの総アップロード素材に対して20%しか通さないとの事。道理でよく落とされるわけですね。笑



午後からはスタジオでモデル撮影

シャッタートーク モデル撮影

そして午後からは昼食を挟んで自由が丘のハウススタジオでモデル撮影!初めてのモデル撮影にめっちゃ緊張しました笑

今回のセミナー参加者は慣れている方が多いのか機材もすごかった。ほとんどが5D使っていたし、レンズもすごいわ、ストロボも完備というもはやアマチュアなのか?というような人たちばかりでした。

対する僕は。。。

ニコンスピードライト SB-700

モデル撮影に望むのにスピードライトすら持っておらず笑。参加者は圧倒的にキャノン派でしたが唯一僕以外に一人ニコンユーザー(しかしD800。みんなすごいw)がいたので、どんなスピードライト使っているのか教えていただきました。

今後、人を撮影する機会が増えたら買います。

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMでモデル撮影

モデル撮影の例。こんな感じに撮影出来ました。この日に初めてSIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMを使ってみたのですが、色ノリも解像感もめちゃ良かったです。

初めてのモデル撮影は緊張しましたが、めちゃくちゃ面白くもありました。面白すぎて、普段は全く減らないバッテリーがたった半日で満タンから20%以下になりました。

さらに半日で500枚以上撮っていましたw そしてLightroomだけでなくPhotoshopも欲しいなと思ったりw

ちなみに今回撮影した写真はちゃんとモデルリリースを頂けるのでシャッターストックで販売できます。

17時まで撮影して本日のイベントは終了しました。

まとめ。めちゃくちゃいい体験になりました。

初めてのストックフォトセミナー。さらに初めてのモデル撮影ということでドキドキしっぱなしでしたが、楽しすぎてあっという間に終了。

イベント内容だけではなくて、普段はなかなか出会えないストックフォトのカメラマンと数多く知り合えたのも良かったです。いろんな方にモデル撮影のノウハウやストックフォトでの売れる戦略について教えて頂きまして、若輩者としてただただ感謝です。このご恩は売れる写真を少しでも増やすことで返したいと思います。

また今回主催してくださった、シャッターストックさんにも感謝!

おみやげもたんまり頂いてしまいました。

シャッタートーク お土産

なんと赤いメモ帳とかモレスキン製です。トートバックもかなり丈夫。大切に使わせていただきます。

次回もあればぜひ参加したい!