【e-Visaの申請方法】ミャンマーのビザ申請はネットが便利!

ミャンマー e-visa

皆さん知ってますか?今年はゴールデンウィークとシルバーウィークの連休が繋げやすい!

ゴールデンウィークとシルバーウィークはそれぞれ2日連続の有休が取得できれば9連休が可能!

そしてGWなぞ、さらにもう一日有休をくっつけることができれば奇跡の12連休も可能!

これは旅に出るしかないですね!というわけで有休くっつけて9連休でミャンマー行くことにしました!(まだ有休申請してないけど笑)

このブログを普段から読んで頂けている方にとっては、私は変なところにばっか行ってるなwと思われてそう笑

でも社会人で短い休日しかないとどうしてもアジアが中心になってしまいます。

高いお金出して、遠くに行ってすぐに日本に戻ってくるのもあれですし。

というわけで既にゴールデンウィークの成田発ミャンマー行きの航空券は取得済です。

2月初旬にDeNAトラベルで航空券取得したら48000円くらいで激安でした。安定の中国東方航空ですが。。。

今回初めてDeNAトラベル利用したのですが、かなり安かったです。これからも利用することになりそう。



ただし、成田からミャンマーに行くのに乗り継ぎにつぐ乗り継ぎでなぜか片道で1日以上かかりますが。。。笑

また、ミャンマーに行くには航空券以外にもビザが入ります。以前はビザを取得するにはミャンマー大使館に行く必要がありましたが、2014年9月よりインターネットでビザ申請できるようになり手軽になったのでご紹介します!

ミャンマーにはビザが要る!

ミャンマー ビザ

もしかしらそもそもビザって何という方も多いかもしれません。

ビザとは査証のことで、これから訪れる国が旅行者(この場合はあなた)の入国を許可する証書のことです。
パスポートがあるじゃん!と思う方も多いと思いますが、パスポートは日本国政府がその人の身分を保証し、訪れる国に保護を依頼する公文書なのでビザとは意味合いが異なります。

パスポートは自分の国が外国に出ていいことを保証するもので、ビザは相手国が自分の受け入れを認めてくれるものと言えば多少はわかりやすいかも。

スポンサードリンク

ちなみに普通はビザは外国を旅行する際に必須です。しかし日本は世界的にも先進国でそれなりに重要なポジションを持っており(商業的に)、外交問題も深刻な関係にある国はあまりないことから、短期であればビザがいらない国がほとんど。なので普段よく外国に行く方でもビザが必要なことを知らない方が多いわけです。

ビザは発行されれば上の画像のように、パスポートにシールを貼ってくれます。なんだかパスポートに押されるハンコ以上にインパクトがあるので僕は好きです。

今回訪れるミャンマーはビザ免除されてないので短期旅行でもビザが必要になります。

ミャンマービザの申請方法

ミャンマー ビザ

それではミャンマーのビザ申請方法!インターネットで申請できるのはかなり助かります。

いちいち大使館行くとなると、交通費や時間がかかるのでかなり面倒なので。

ミャンマーのビザ申請方法に関しては下記ページが非常に詳しく書かれているので参考にして下さい。
(この通りやればまず間違いなく進むはずです)

ミャンマービザの種類と申請 / 取得方法 ・ 必要書類 | ビザナビ

申請は下記ミャンマー政府のHPからどうぞ

Myanmar eVisa (Official Government Website)

申請はすんなり行けば、約10分程度で終わるはずです。あとは審査を待ちます。

ミャンマービザ申請後。ビザ到着!

ミャンマービザ 

ミャンマービザを申請後、約3日くらいでメールアドレスにビザ所得許可証が届きます。

あとはミャンマーに到着時にこの許可証を見せれば取得できるようです。

ちなみに僕はこの許可証がメーラーの迷惑メールフォルダに入っていました。もし一週間以上たっても連絡がなければ迷惑メールフォルダも見てみて下さい。

早くもミャンマー旅が楽しみ!