アルケミストを読みました。あなたは運命に素直に従えますか?

アルケミスト

たまには本の書評でも。以前にも簡単に紹介したことのある「アルケミスト」です。

物語の内容は簡単に言えば、星の王子さま をもう少し現実味を加えて書き上げた本です。(でもハリーポッターともまた違います。あまりユーモアはない)

内容は魔法も出てくるようなファンタスティックな内容なのになぜか心に響きます。非常に名言が多いです。そして充実した読後感。

ブロガーで有名なイケダハヤトさんも書評書いてますね。

名著中の名著「アルケミスト」の名言まとめ

とにかくおすすめの一冊です。

物語は二部構成。150ページほどで半日もあれば読めます。

アルケミスト 表紙

まずこの本のいいところは読みやすさだと思います。

話は童話のような感じですし、分量もそんなに多くないので非常に読みやすいです。構成は二部構成をとっていますが、一部と二部で明確な区分けはありません。

話もざっくばらんに行ってしまえば羊飼いの少年が宝物を探しにエジプトに行く旅です。非常にシンプル。

シンプルなのに深い物語。

アルケミスト イメージ

この物語のすごいところはシンプルなのに考えさせられるところ。

特に主人公はこの話の中で何度も窮地にたたされます。その度に主人公は何度もこつこつと窮地を脱していく。その力こそが主人公がこの物語で学んでいくことです。数々の名言もありますし、砂漠の描写が多く、多分現実世界でも砂漠やアラブ圏に持っていく人は多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

この本と旅したこともあります。

モロッコ アルケミスト

かく言う僕もこの本を読んで感動して、思わずモロッコのサハラ砂漠で降るような夜空の下で本を読んだことがあります。ただ単にドヤりたかっただけな気がしますが。。。笑

でもやっぱりシチュエーションは大事!その思い出は心に深く刻まれています。

その時のBGMはビートルズのAcross the Universe。アルバム「Let it be」に収録されたジョン・レノンの革命的名曲ですね。

この本は旅する人が非常に共感できる内容だと思っているので、よく世界一周する友達や誕生日の際に贈ったりもしています。文庫本なら約500円だし、本をもらって嫌がる人はいないはず。

プレゼントに最適です!

まとめ。あなたは自分の運命に従えますか?

アルケミスト 日本語版

この物語の核心はこれだと思います。あなたは自分の運命に従えますか?

それとも何かと理由をつけて運命を見ないようにしていませんか?

主人公の直面する問題もいつもこの問題に起因しています。そして主人公はその都度自分の運命に向き合います。純粋に。素直に。

その点がこの物語に胸を打つ要因ではないでしょうか?

以上が書評です。簡単に読めるので自分の本棚に置いておいて、何度も読み返すのがいい本だと思います。おそらく読み返すたびに毎回違った発見がある本です。

僕はこの本を読み返すたびに現実に向きあおうと思えます。