これからの旅はスピーディー&スタンプレス!自動化ゲートのすすめ。

中華航空 夕方 翼

旅する人、特に海外に頻繁に行く人は皆思うと思います。

出国&入国作業だるい(´・ω・`)

そうなんですよね〜、出入国っていちいち荷物検査とかボディチェックとか出発の1時間前には保安検査受けなきゃならなかったりとにかくめんどくさい!

そのくせ、飛行機は遅延したりするし。。。

しかしそんな海外旅行によく行く方々に朗報!

出入国の待ち時間を大幅に短縮し、スピーディーに旅できる方法があります。

それが自動化ゲート

自動化ゲートを使えばなんとめんどうな保安検査が要らなくなるのです!
(羽田、成田、関空、中部国際限定)

たったの5分で煩わしい作業から開放される

出入国検査 空港

空港の保安検査場。よく見て下さい、隣に上の画像のような装置(ゲート)を見たことがないでしょうか?

これが自動化ゲートです。

登録は簡単!自動化ゲートの隣に登録カウンターがあるので利用者登録に記入するだけ。

たったの5分で終わります。(もしわからない部分があれば空港職員さんが丁寧に教えてくれます)

この作業をするだけで、パスポートの有効期限の前日まで出入国の作業が自動で行えます。

つまり10年パスポートを持っていれば10年間有効!

スポンサードリンク

まだ羽田、成田、関空、中部国際空港でしか使用できませんが今後どんどん増えていくのではないでしょうか?

自動化ゲートの登録手順は下記HPに詳しく書かれています。

自動化ゲートの運用について(お知らせ)

実際に試してみた。

空港 自動化ゲート スタンプ

前々から気になっていた自動化ゲート。

この前、台湾に行った時に中部国際空港の出国審査で利用登録してみました!

利用登録すると上の写真のようにパスポートにスタンプが押されます。

たったこれだけでした。あとは毎回の出入国の時に自動化ゲートにパスポートをかざして、指紋照合するだけ!

お手軽簡単です♫ さらに嬉しいことに自動化ゲートを利用すればパスポートにスタンプが押されなくなる!

パスポートにスタンプが押されなくなる!

自動化ゲート 空港

パスポートにスタンプが押されなくなることは何を意味するのか?

たいていの人はむしろ押されたほうが嬉しいと思うのですが、海外によく行かれる人にとっては日本国のスタンプなんて出入国で毎回押されるので特にいらないと考えている人が多いはず。

しかもパスポートの枚数的にも実はスタンプを押せる数は限られており、ページ数が足りなくなれば増補しなくては行けないのです。

増補でも足りなくなれば再発行です。パスポートはスタンプ以外にもビザも貼るので、世界一周旅行者とかよく増補してますよね。

しかしそれも自動化ゲートを使えばひとまずは日本国分のスタンプが押されなくなるのでパスポートのページ数の節約になる!

願わくば、僕は中国トランジットが多いのでぜひ中国に自動化ゲートを導入して欲しいです笑