微笑みの国、ミャンマー!

ミャンマー 赤ちゃん

さてさてミャンマー旅の最終日。

と言っても既にミャンマーから離れて帰国の途中の北京にいます。

帰国は約30時間の移動なので笑

なぜ30時間なのか気になった方は以前の記事をどうぞ♫

◼︎ミャンマーに出発!しかし約25時間かかりました。笑

北京では晴れたら頤和園に行くつもりでしたが、雨だったので空港でまったりしておりました。

ちなみに中国では至る所でお湯が出ます!もし中国で食費を節約したいのであればカップラーメンオススメです!

最近の中国の物価上昇&円高で、もはや物価は日本並みですからね、、、

中国 空港 お湯 カップ麺

上の画像のような感じでみんなカップ麺にお湯入れます。中国人はカップ麺大好きなので至る所でこの光景がみれますよ♫笑

ミャンマー旅は最後はそれくらいですかね。中国東方航空にしては珍しく、そんな遅れずに成田空港に到着しました。

というわけでミャンマー旅の総括!

とにかく人が良かった。

ミャンマー 子供

今回のミャンマー旅ですがとにかく良かったのは

バガン 女の子 タナカ

素朴で純粋なミャンマー人にとにかく癒されました。

ひっさびさに日本での仕事や生活、悩んでることなんか全部忘れて目の前のことを全力で楽しめました。

それはものすご〜く大切な経験だったと思います。

スポンサードリンク

ミャンマー 子供

まあ、たまには嫌な顔されたけどね笑

ミャンマー 物売りのおばちゃん

そしてそれだけじゃない!旅で出会った旅人達もみんな清々しいくらいにいい人が多かった。

それは日本人に限らず、みんなです。

ニャウンシュエで深夜まで飲んで騒いだみんな、宿をシェアしたドイツ人のニコ、インレー湖の船をシェアしたフランス人二人。帰りの飛行機で隣に座った福岡のバックパッカー。

みんな、みんな、すごくよかった。やっぱり旅は出会い!

やめられないなあと思いました。

まだまだ開発されていない国

ヤンゴン中心街

そしてミャンマーのいいところは他にも!

軍事政権や社会主義が長く、まだまだ開発されておらず欧米の資本が流入していない点も良かった。

首都のヤンゴンが上のような感じですからね。高層ビルなんてないですよ。

ミャンマー 市場

市場なんてある種、オリエンタルな雰囲気すらありました。

まだまだ開発されていないからこそ感じたんだと思います。

他のタイやベトナムのような東南アジアは既に都会だなと思うことが多かったけど、ミャンマーはぜんぜんなかった。

人の良さも素朴さも、なにげにバガンやカックー遺跡のような素晴らしい遺跡があるのも含めてミャンマーは東南アジアで一番好きな国になりました。

というわけで、次の旅先にミャンマーなんて如何でしょうか?