東南アジア旅行を終えて。マレーシアとカンボジアでまったく違う旅行ができた。

20140413-_DSC3700

旅に出て13日目。本日は結局空港泊してAirAsiaで日本へと帰国しました。あんまり覚えていなかったのですが帰りは機内食を予約していたらしく食べることができました。そして羽田に着いたのが22時くらい。自宅に帰ったら日付をまたいでいました。4年以上使っている旅行日記帳もいい感じで味が出てきました。

旅日記も書けたので最後は総括です。この旅は12月25日から1月6日まで計13日間の旅でした。大きく分けるとカンボジアの旅とマレーシアの旅の2つに分かれます。この2つの国の旅は目的が違うこともあって全く違う旅になりました。

カンボジアは遺跡を探検しまくりでした

ベンメリア

ベンメリア

旅の前半はタイから陸路でカンボジアへ。東南アジア系の遺跡はいままでそれなりに色んな所に行ってきたのですが(タイとかベトナムとか。。。)、ここは別格でした。アンコールワットの朝焼け。バイヨン遺跡の威圧感。ベンメリアの荒廃。そして幻の世界遺産プリアヴィヘア。全てを満喫することが出来ました。そしてどの遺跡も旅行先で出会った旅仲間に支えられながら観光することができた。それがよかったです。特にアンコールワットの朝焼けからプリアヴィヘアまで四日間に渡って一緒に旅をしてくれた旅仲間の一人とはこの前新宿のaround the worldで再会し一緒にお酒が飲めました。

旅先で出来た人間関係が日本に帰ってからも続く。これが旅の醍醐味の一つでもあるしおまけに絶景も堪能出来ました。12月のカンボジアは1年の中で一番気温が低い季節であり、暑いイメージの東南アジアの中ではかなり過ごしやすかったです。カンボジアまた行きたいです。

スポンサードリンク

ボルネオ島は自分自身の旅になりました

キナバル山

キナバル山

そして新年から旅をしだしたボルネオ島。旅の後半は自分自身の旅にすることが出来ました。空路でボルネオ島に行ったのでカンボジアの旅から一区切りをつけることができたのも良かったように感じます。ボルネオ島でのキナバル山トレッキング。4000メートルという今まで登ったこともない数字に何度も登れるか不安になったし、山小屋では登れない夢も見ました。その後は高山病になったし。。。でもそんな弱い気持ちを乗り越えて山頂に到達したキナバル山は非常に美しかったです。やっぱり登れてよかった。

そしてその後に訪れたブルネイもモスクが綺麗で素晴らしかったです。ブルネイはボルネオ島に行こうと思わない限りはブルネイを目的に旅行に行く人は少ないと思うので貴重な体験でした。ブルネイの人たちめちゃ優しかったですし。

旅を終えて

そんな2つの旅を経て僕の年末年始の旅は終わりました。一人旅って日本から離れて自由になれるのが醍醐味だと思っているので今回も自由にやれて良かったです。ただ最近はWebも発達したことでiPhoneがあってwifiにつながればどこでも日本と繋がれてしまう時代なのでそれがもちろん便利なのは百も承知ですが昔のように日本との繋がりを一切断って一人で自由に旅ができないのが寂しいと感じていたりもします。

そんなわけで今年はモンゴルや中国に行ってもいいかなと。特にモンゴルは本当に何もなさそうですしwあとはトルコかカナダ辺りを考えています。いづれにせよ夏には海外に行きます。