「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」を鑑賞。次作のトムはいったいどうなる!?

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション タイトル

ついに公開された「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」。

トム・クルーズ主演でアメリカの人気テレビドラマシリーズであるスパイ大作戦をリメイクした本シリーズもいよいよ5作目。

一作目が1996年なので既に20年も続いているシリーズなんですよね。トム・クルーズも既に50を超えているのにすごすぎです。

今回はそんな「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」を観に劇場に足を運んだので、感想を少し。

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』公式サイト

今年は洋画の当たり年だ

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション バイク

さてのっけからミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションと関係なくてあれですが、今年は洋画の当たり年です!

特に今年の夏はミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション以外にもアベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンジュラシックワールドなど話題作の目白押し。

そして年末にはスター・ウォーズ/フォースの覚醒007 スペクターに続くという。。。

もうとにかく何度映画館に足を運べばいいんだ!?といった感じです。

そんな中でもここにあげたハリウッドのブロックバスターは何も考えなくても楽しめるし、なにより期待を裏切らないことが約束されている続編ばかりというのもいいですね。

今回はそんな大作目白押しの今年の中でも「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」は前作の「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」が非常に良かったので観に行くことにしました。

スポンサードリンク

石橋は叩いて渡るタイプですので笑

内容は少しマンネリ?

ミッションインポッシブル5作目 ローグネーション

そして肝心の内容。結論からいうと確かに面白かった!確かに面白かったのですが。。。。

なんというかマンネリな印象が。。。笑

僕はもともとのオリジナルのスパイ大作戦を観たことがないので何とも言えないのですが、スパイ大作戦をに関して調べれば調べるほど感じるのはチームワークでミッション:インポッシブル(不可能な作戦)を解決するドラマであったということ。というかチームワークこそがこのドラマの見所であったと思われます。

それにしては映画版は毎回、イーサン・ハント(トム・クルーズ)ばかり目立ち過ぎかなと。まあこれはトムの作品だし、プロデュースまでこなしているのでそれはそれで良いのですが、なんだか毎回イーサンは敵ばかりか味方からも追われる立場になることがこのシリーズでは多すぎて、おいおいみんな助けてあげなよwとなってしまいます。

このあたりはオリジナルでもそうなのですかね?

次作ではトムは一体どうなるのだろう?

イーサン 飛行機

既に今作は興行的にも成功していますし、トム・クルーズにとっては自身のキャリアの名刺代わり的な作品なので早くも次作の噂がたち始めています(まあおそらく制作されるでしょう)

そしてトム・クルーズはボディダブル(スタントマン)をなるべく使わずに自身でアクションシーンをこなすことでも有名。

前作では世界一高い超高層ビルであるブルジュ・ハリファをよじ上り、今作では軍用機に飛び乗ってそのままドアにつかまったまま離陸するというスタントをこなしています。

このままだと次作はどうなってしまうのだろう。宇宙とかですかね?笑

そろそろトムも歳なので気をつけてほしいなあとか、いらぬ心配をしてしまいます笑