気分はチベタン!?チベット寺院に1日居てみた。

ラルンガルゴンパ 朝焼け 日の出前

ラルンガルゴンパも二日目。本日は夜明け前から撮影開始。

逆光ですが朝陽に向かって撮影します。

朝からヘッドライトつけて、撮影ポイントへ。

中国は犬が多くてよく噛まれたという旅人のブログを読んでいたので、ラルンガルゴンパも犬が多くて心配していたのですが特に襲ってくるようなことはありませんでした。

撮影ポイントに着いたら、既に三脚を立てた中国人カメラマンで賑わっていました。みんな根気あります。
なかには中判で狙ってる人もいました。

ラルンガルゴンパ 町並み 日の出前

そして朝陽が出る前のいわゆるブルーアワーから撮影開始!

ついに朝陽がでる!

ラルンガルゴンパ 日の出前

そして出た!案の定、盛大にフレアとゴーストがでましたw

この辺りはニコンのナノクリなら抑えられるんですかね?

14-24mmで試してみたい。。。

喇栄賓館 ラルンガルゴンパ

そして宿に戻ります。かんくんにラルンガルゴンパの延泊を申し出ましたが、かんくんは中国人姉妹二人とカンディンへ旅立つことになりました。

僕をおいて。うおい!w

ゆーせーなら一人で帰れるでしょ?とのことです。w

というわけで成都で待ち合わせにして、ここからは一人旅。

今回はかんくんに任せっきりプランだったので、もう少し調べてこれば良かったなと若干後悔です。

ラルンガルゴンパ 二日目

でも一人旅も良い。というかやっぱり一人旅好きです。わくわくする。

というわけで今日から自由!

チベタン 修行

喇栄賓館 ラルンガルゴンパ ホテル ドミトリー

ちなみに四人部屋からドミトリー(35元)に移ったのですがまるで難民キャンプのようでしたw

そうと決まればということで今日は1日チベット寺院にいることにしました。

ラルンガルゴンパ チベット寺院

昨日の修行?の光景を見てもっと近くに居てみたいなと思ったのが要因です。

スポンサードリンク

写真ってガチで撮ろうと考えたら、絶対1日や2日程度じゃ撮れないと思うんですよね。

そういうのは写真じゃなくて記録だと思います。

もっとその場所やその土地の人を知らないと写真は撮れないと思う。

僕がこの街に居れるのは明日までの三日間。

ちょっと短いですが、記録じゃなくて写真を撮るためにもチベット寺院に居てみようと思いました。

ラルンガルゴンパ 炊き出し チベタン

チベット寺院にチベタンと一緒に座っていたら、まさかのチベタンと一緒にご飯を頂けることになりました。

ラルンガルゴンパ 食事

これはきしめんのような麺でしたが美味しかったです。

ちなみにバケツで食事はつがれます笑

食後はバター茶も振舞われました。モンゴルのステーツァイより味が薄めです。

チベタン 読み合わせ 修行

その後もお経の読み合わせ?みたいなものがあったり

ラルンガルゴンパ 講演

偉い僧の講義なんかもありました。

チベタンの世界もいろいろと大変そう。ちなみにスマートフォンはチベタンの世界まで普及しておりました。

ラルンガルゴンパ 夕方

そして夕方。この日ももちろん夕陽の撮影です。

その前に腹ごしらえ♬食事は基本的にホテルでビュッフェ形式の食事を朝昼晩とだしていたので、そこで食べてました。(夕食 20元)

喇栄賓館 食事 ビュッフェ

今日の撮影ポイントは今日の朝陽撮影と同じ場所です。

ラルンガルゴンパ 夕日

今日は今日で昨日とは別の感じで写真撮れたので面白かった!

ラルンガルゴンパ 夜景

そして明日の朝陽のために本日も早めの就寝。

旅にでると毎回、どんどん健康的な生活になっていくw