涸沢のモルゲンロートとおすすめな秘湯「白骨温泉」

モルゲンロートを見る

涸沢 紅葉 朝日

さて涸沢ヒュッテに泊まったのなら、もちろん朝日も見ます!

ということで朝5時に起床して朝日を待ちます。

登山用語では朝焼けのことをモルゲンロートと呼ぶそうでお洒落です♬ドイツ語かな??

山 涸沢 コーヒー

朝焼けで素敵なコーヒーを飲めるようにバーナーでお湯を沸かします。

この辺りは事前に冬の頃からコツコツ買っておいて良かった♬

2015年の山に向けて購入してきた数々の登山道具を紹介! | 広く浅くときどき深く

しかしこの日の朝はあいにくの曇り。待てども待てども朝日は昇らず。

涸沢 自家製コーヒー

というわけで気づけばコーヒーの出来上がり。

漫画の「岳」ばりに豆から挽いて入れてみました。これがめちゃくちゃうまい!!

ちなみにカップは涸沢ヒュッテで購入!!

涸沢ヒュッテ 徳澤園 グッズ

こちらは帰ってからの写真ですが、実は涸沢ヒュッテと上高地近辺の山小屋の徳澤園でいろんなグッズを買い漁りました。

もともと涸沢ヒュッテに今年も行こうと思った目的は涸沢ヒュッテで「岳」のTシャツを去年買いそびれてめちゃくちゃ後悔したのがきっかけでもあったので普段は財布のひもが固い僕もめちゃくちゃ緩めてしまいました。

ここでしか買えないグッズを購入するために涸沢まで登る。なんたる不純な動機笑

おかげさまで念願の岳Tシャツは購入できたのですが、人気過ぎて女性用のSSしかなく。。。。非常に購入するか悩みましたが、着れるので購入。笑

山でこのTシャツ来ている男がいたら僕だと思って間違いないです笑

その他にも徳澤園のNo mountain No lifeというロゴが入ったTシャツやら涸沢ヒュッテのマグカップ、そして登山バッジなんか買っていたらテント泊なのに山小屋泊よりお金かかっていました∑q|゚Д゚|p

なぜか上高地ではお金を使いたくなる。。。

涸沢ヒュッテ モルゲンロート

涸沢 紅葉 モルゲンロート

話は戻って早朝にコーヒーを飲んでいたら突然モルゲンロートが!!

一瞬しか朝焼けしませんでしたが、しかと見る事ができました。ラッキー!

涸沢にお別れ

涸沢 紅葉

どんなに楽しくても終わりはやってくるものです。

楽しかった一泊二日の登山も終わって涸沢にお別れです。

こんなけ奇麗な紅葉を二年連続で見る事ができたので、三年目も狙って来年も登りそうな予感です。

さて下りに関しては天気もあまりよくなくて、しかも地味に長い登山道が延々と続くだけなのでほとんど写真は撮りませんでした。

スポンサードリンク

上高地 森林

気づいたら徳沢の近くまで下っていました。

しかし涸沢から上高地までの登山道はマジで長い。特に稜線を歩くとか面白い道でもないので余計に疲れます。

徳澤園 ソフトクリーム

しかしそんな地味に疲れる道にも癒しはあります。

徳澤園 アイスクリーム

徳澤園では名物のアイスクリームを堪能♬これがまじで疲れた体には最高でした!めっちゃうまい!

上高地 観光

上高地

そして上高地の河童橋に到着♬ 結局朝8時くらいに出て河童橋に到着した頃には12時回っていました。

そのあとは上高地帝国ホテルで「風立ちぬ」ごっこした後に白骨温泉へ。

風立ちぬのモチーフとなった上高地帝国ホテルに今年も再訪! | 広く浅くときどき深く

秘湯•白骨温泉

白骨温泉 看板

白骨温泉 公共野天風呂 看板

白骨温泉に到着。

上高地の沢渡バスターミナルから車で20分くらい。けっこうな山道を車で行きました。

白骨温泉ですが、まさに秘湯と言った感じでめちゃくちゃ風情があって良かった。

特に僕が今回入ったのは白骨温泉公共野天風呂!

ポスターなどで有名な白骨温泉を代表する温泉ですが、男湯は道路から丸見えというワイルドな温泉でもありました笑

白骨温泉公共野天風呂 | 信州(長野県松本市)白骨温泉公式ホームページ

白骨温泉公共野天風呂 道

白骨温泉公共野天風呂 道 

これだけの階段を下らせるおよそバリアフリーとはかけ離れた男気溢れる温泉でもあります笑

白骨温泉公共野天風呂 風呂

白骨温泉公共野天風呂 男湯

こちらが男湯。白骨温泉はその名の通り。白濁した温泉でした。

白骨温泉公共野天風呂の男湯は目の前を川が流れていて風光明媚!ちょっぴり紅葉していて奇麗でした。たぶんもっと紅葉したらさらに奇麗だろうなあ。

ちなみに女湯の方は簾で体見えないようになっていたのでご安心を!

北穂高登頂も達成し、涸沢の紅葉も再び堪能し、最後は秘湯で終わるという最高の登山でした!