エベレスト3Dとクラカワーの「空へ」

エベレスト3D

さて11月6日(金)より日本でも「エベレスト3D」が公開されます!

エベレスト3Dは1996年の有名なエベレスト大量遭難を描いた作品です。

この大量遭難の犠牲者には日本人女性で二人目のエベレスト登頂者である難波康子さんも含まれているので日本でも大々的に報道されたようです。(残念ながら僕の記憶には残っていません)

この大量遭難ですが、いくつかの商業公募隊と台湾隊が起こした遭難事故であり、世界一の最高峰で起こった悲劇的な事故であることから、何度か映画化されたり小説化されています。

今回はエベレスト3Dの予習も兼ねて山に登るものとして遭難への畏怖も混めて、この大量遭難の際に商業公募隊にジャーナリストとして参加していたジョン・クラカワーの「空へ」という小説を読んだので記事にします。

「空へ」を読むに至る経緯

空へ ジョン・クラカワー

そもそも空へを読むに至った経緯。

それは著者のジョン・クラカワーが書いた他の作品である「荒野へ」とその映画作品であるショーン•ペンの「イントゥ・ザ・ワイルド」がすごく好きな作品であることがあります。

into the wild

「荒野へ」も「イントゥ・ザ・ワイルド」も海外バックパッカーやってる自分にしてみたらドストライクな作品でした!

以前に考察も書いてます。

【考察】映画「イントゥ・ザ・ワイルド」の原作の「荒野へ」を読んでみた。 | 広く浅くときどき深く
「イントゥ・ザ・ワイルド」 …

そんな「荒野へ」を書いた著者のジョン・クラカワーがエベレスト大量遭難に巻き込まれ、作品に残した事は知っていたのですがなかなか読むチャンスがなく今まで来ていました。

しかしそこへ「エベレスト3D」です。

スポンサードリンク

僕は映画好きでもあるので1996年のエベレスト大量遭難を題材にした映画が公開される事は約一年前くらいにキャッチ。

というわけで夏頃に読了しました。

ちなみにこの作品を山で読んでいたからか、自分自身も八ヶ岳で軽く遭難し一泊ビバークするはめに。。。

そのあたりの話はまだブログに書いてないので年内には書ければなあと考えていたり。

ちなみにその他で山岳モノで面白かった作品は「深夜特急」で有名な沢木耕太郎が日本が誇るアルパインスタイルの世界的クライマーである山野井夫妻のギャチュンカン登頂を描いた「凍」と漫画の「岳」があります。

どちらもおすすめな作品!

壮絶な遭難事故

エベレスト登頂ルート

さてそんな「空へ」なんですが内容はもう壮絶といったらありゃしません。

さすがに現役のジャーナリストが遭難に巻き込まれただけあって、状況描写もなるべく正確に描かれているし読んでいて引き込まれます。

「エベレスト3D」のネタバレにもなるのであまり書きはしないですが、一人一人道半ばで死んでいく描写が妙に生々しく、自分が山に登る気持ちが萎えました笑

読後感としては起こるべくして起こった事故だったのだなという印象。

高所への登山経験が少ない参加者たち、噛み合ない言語、登頂リミットを守らないなどなどいろんな要因が重なり合い起こった悲劇的な事故ですが、いずれは起こった事故でしょう。

とは言え、参加者には登頂にかけるクレイジーな想いがそれぞれあります。そしてそれが悲劇的な事故と合わせて何度も映像化、言語化されるのではないでしょうか。

というわけ11月はみなさんぜひエベレスト3Dを観に劇場へ!

エベレスト3D 登頂