富士山はいいぞ。富士山撮影は写真家を惹きつける魅力でいっぱい!

こんにちは。三度のご飯より、富士山が大好きなゆーせーです。

日本といえば富士山。富士山といえば日本と言っても過言ではないほど富士山は古くから国内外で日本の象徴とされる山です。なんと言ってもお札にまで印刷されていますからね。

まさに国を代表する風景です。

そんな富士山が写真家の被写体にならないわけもなく、これまた古くから富士山を撮影している方は数多くいます。

そんな富士山をひたすら撮影してきましたよ(・∀・)

富士山は絵になる。

河口湖 雲 富士山 桜

もう何度でも言いたい事実なのですが、富士山はめっちゃ絵になります!ほんとどこから撮っても絵になるくらいです。

富士山の標高は3,776m。世界でもっとも標高の高いエベレストが8,850mなので標高で言ったらまったく話にならないですが、山の美しさは標高にはありません。

富士山が美しいのは独立峰(つまり付近に山がないこと)であることと、その美しいフォルムにあると思います。

富士山はどこから見ても誰しもが想像するようなシンプルな三角形の山をしています。どんなに山に詳しく無い人が見ても日本人なら富士山をみたら一瞬で認識できるはずです。

これが他の山だったらそうもいきません。標高の高い山は連峰を形成しているので、山好きでなければどれがどの山なのか検討も付きませんし、山の形もぐちゃぐちゃしていて絵にならないこともしばしば。

さらに富士山は日本で一番高い山です。愛されないわけがありませんな(・∀・)

富士山をひたすら撮る

諏訪 朝日 富士山

そんな富士山を朝から晩からさらに次の日の朝まで撮影してきました。笑

朝は長野県の霧ヶ峰高原のビーナスラインから。

富士山 河口湖

そして夜は河口湖。

富士山 天下茶屋

さらに夜明け前は河口湖付近の天下茶屋から撮影。

一日半くらい富士山を追って撮影した結果、感じたこと。

スポンサードリンク

富士山は写真撮影で飽きない!

これがもうまじで飽きない被写体です!笑

富士山を主役において、周辺の湖とか山々とかを引き立てやすいんですよね、これが。しかも富士山自体も朝、昼、夕方、夜とまったく違う顔を見せるのでヒッジョーに面白い!

富士山 星景 写真

富士山 星景写真

夜は夜でまったく富士山を撮れないことなんてなくて、星と絡めることもできます。

富士山くらい大きくて存在感があると主役として置いても、どんな周辺の風景や気象条件にも負けません。富士山写真家が多いのもうなずけます。

ただ悪く言ってしまうと、どれも富士山の主張が強すぎる写真になってしまいます。注意しなければならないポイントですね。

ダイヤモンド富士、拝めず

ダイアモンド富士 失敗

富士山の頂上部と太陽が重なった瞬間をダイアモンドに見立てて一般的にダイヤモンド富士と呼びます。

もちろんダイヤモンド富士も狙ったのですが、あいにく天気が急変して失敗w

こういうレアな条件を狙って富士山撮影する方もいっぱいいらっしぃます。

ちなみに月が重なった瞬間はパール富士と呼ばれ、ダイアモンド富士よりさらに困難です。

撮影でとてつもなくお世話になった本のご紹介

三好和義 富士山極上の撮影術

そして今回の富士山撮影で大変お世話になった本があったので紹介しておきます。

三好和義先生の富士山 極上の撮影術です。

この本、何気なく図書館で借りてきて今回の撮影に持参したんですが、とにかく富士山撮影に関して詳しく書かれています。

大きく美しい富士山の写真が掲載されているのはもちろんですが、その写真がどのように撮影されたのかレンズの設定や撮影場所の詳細、三好先生の装備や撮影イメージ作りまで書いてありまさに富士山撮影の決定版です。

一度、富士山撮影される方はぜひ眼を通して見られたほうがいいと思います♫

楽園写真家・三好和義公式ウェブサイト