使えると便利かも?D610(D600)の親指AFの設定方法!

D600図解

さて皆さん親指AFって知っていますか?

ご安心を!僕も最近まで知りませんでした!

この親指AFについて気になりだしたのは僕がよく参考にしているカメラの情報サイトstudio9さんで親指AFの設定方法を詳しく説明していたからなんです!

知ってた?ピント合わせが超高速になる親指AFの使い方と設定方法! | studio9

studio9さんでは親指のAFの効果として以下の点を挙げていました!

1.動きが速い被写体に対応しやすい
2.フォーカスロックして撮影する場合
3.置きピンする場合
4.三脚を使う場合

そしてその他に普通の半押しAFに比べて工数の低減ができると書かれていました。

ただ残念なことに設定方法がキャノンのカメラしか書いていなくニコンの僕のカメラ(D600)についての設定方法が書かれていません!というわけでたまにはカメラの技術的な記事を書こうと思ったので設定方法を書いてみます。

※2015年4月に晴れてD610に交換されました!(・∀・)

スポンサードリンク

D610もUIはD600と変わらずなので同様に設定可能です。

ついに!!D600がD610に生まれ変わった。 | 広く浅くときどき深く

①.設定するのは上の写真の58のボタン(AE/AFロックボタン)です。

D600 AE/AFロック

②.MENU画面→カスタムメニュー→aオートフォーカス→f4AE/AFロックボタンの機能→後は写真のようにAF-ONボタンを選べば設定可能です。

どうやらキャノンのカメラではシャッタ−ボタンの半押しを解除しなきゃいけないっぽいですがニコンの場合はAE/AFロックボタンの機能をAF-ONにしてしまえばシャッターボタンは自動的に半押しAFできなくなりました。

そして実際に親指AFを試してみたところすごく便利です!D600のAE/AFロックボタンを押している間ずっとAFを合わせてくれるので風景をじっくり撮りたい時や動きの早い被写体を狙うときに便利です。

studio9さんいわくプロの95%が使っているそうなので一眼レフを持っているユーザは試してみる価値があるかと思います!

Tagged on: , , ,